logo

サンテックパワージャパン住宅用太陽光発電の自家消費時代に向けて新型ハイブリッド蓄電システムを発売

サンテックパワージャパン株式会社 2018年03月01日 12時01分
From PR TIMES

サンテックパワージャパン株式会社(本社:東京都新宿区、取締役社長 ガオ ジャン、以降サンテックパワーと表記)は現行製品からバージョンアップした新型ハイブリッド蓄電システムを2018年4月2日より受注します。



太陽光発電市場では、電力会社による買取価格が下がる一方で、電力会社から買う電力は値上がりが続いています。加えて、2019年から固定価格買取制度(FIT)の適用期間の終了を迎える家庭が出始める、いわゆる「2019年問題」を来年に控え、売電していた電気を自分で使う「自家消費」が注目され始めています。
そのような中、サンテックパワーは、現行のハイブリッド蓄電システムをより進化させた新型ハイブリッド蓄電システム(蓄電容量5.6kWh)のリリースにより、自家消費型ライフスタイルを支援します。

新型ハイブリッド蓄電システム
ハイブリッドパワーコンディショナの太陽光発電電力変換効率が96.5%と業界トップクラスです。現行品に比べ、1.5%向上し、経済性がアップしました。また、停電時には照明や冷蔵庫に加え、複数の生活家電が同時に使える2.0kVAの自立出力を実現し、万が一の場合もサポートします。

新型カラーモニタ
また、ハイブリッド蓄電システムに対応するカラーモニタも新型となり、従来品では表示されなかった蓄電状況を確認することができるようになりました。

サンテックパワージャパンでは、同日に発表した「住宅用太陽光発電の自家消費時代に向けた営業支援ツール」と共に、自家消費に関する提案を強化してまいります。

■ハイブリッド蓄電システム イメージ

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]


■製品仕様

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]

[画像9: リンク ]


■サンテックパワージャパンについて
サンテックパワージャパンは、順風インターナショナルクリーンエナジー(Shunfeng International Clean Energy Ltd. 通称SFCE、香港証券取引所コード1165)の100%子会社です。前身である株式会社MSK時代から35年以上にわたり太陽光発電専業メーカーとして、長期で高い発電性能を提供し耐久性に優れた太陽光発電モジュールを提供しています。また長野県佐久市にある長野テクニカルサポートセンターは、豊富な経験と実績に基づく妥協を許さない技術サポートおよび品質管理を提供し、充実した保証制度とともに、全国規模でアフターサポートを提供しています。サンテックパワージャパンは2017年7月に創業50年を迎えました。今後も太陽光発電のみならずプラスアルファで日本のクリーンエネルギーに貢献してまいります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]