logo

不動産営業支援ツール「IESHIL CONNECT(β版)」学区情報を提供開始

株式会社リブセンス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:村上太一、東証一部:6054)は、本日より、不動産営業ツール「IESHIL CONNECT(β版)」(URL リンク )にて、学区情報を提供開始しましたのでお知らせいたします。




<Point>
・「IESHIL CONNECT(β版)」は不動産ビジネスパーソン向け情報収集ツール。災害リスクや物件情報等の住環境データを物件ごとに検索・閲覧できるシステムで、不動産ビジネスパーソンの営業活動をサポート。
・今回、あらたに学区情報(私立・公立小中学校)を首都圏1都3県で提供開始。住宅購入者の約6割を占める(※)子育て世帯の情報ニーズに応え、不動産ビジネスパーソンの営業活動をスムーズに。
・学区情報はWord形式でダウンロード可能。不動産ビジネスパーソンはコメントの追記など顧客に合わせた資料作成が容易に。

              「IESHIL CONNECT(β版)のサイトイメージ
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

                    (リンク


「IESHIL CONNECT(β版)」は、2017年9月にリリースしたサービスで、地震・洪水などによる災害リスクや物件情報等の住環境データを物件ごとに検索・閲覧できる不動産ビジネスパーソン向け営業支援ツールです。「IESHIL」の約27万棟の物件データとアジア航測の80億件の災害データを活用し、価格査定とともに総合的なリスク評価を可視化しています。

国土交通省の住宅市場動向調査によると、18歳未満の同居者のいる世帯(子育て世帯)は住宅購入世帯の6割以上を占めており、IESHIL CONNECT(β版)を利用する不動産ビジネスパーソンへのアンケートでも約8割が「学区指定のお客様が多い」と回答しており、顧客ニーズが高い情報として学区が最上位にランクインしています。住宅購入に際し子供の教育環境を重視する世帯が非常に多い一方、そうした情報はインターネット上に散漫に存在し、情報収集にかかる不動産ビジネスパーソンの負荷は少なくありません。今回、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県で物件ごとに5km圏内の私立・公立小中学校の学区情報を提供開始することで、問い合わせ対応や物件提案時の情報収集、提供資料の作成といった不動産ビジネスパーソンの業務負荷を低減します。 また、今後は各学校の教育方針や生徒数などの基本情報を提供し、さらなるサービス拡充を目指します。

リブセンスは、今後もITを活用した情報ツールの整備を行い、不動産売買における透明性向上を目指すとともに不動産市場の活性化に貢献していきます。

リブセンスから生まれる、新しい「あたりまえ」にご期待ください。
※ 国土交通省住宅市場動向調査(平成28年度版)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]