logo

「KARTE」が「Salesforce Marketing Cloud」と連携を開始

プレイド 2018年02月28日 12時01分
From PR TIMES

株式会社プレイドは、同社が提供する「KARTE(カルテ)」において、セールスフォース・ドットコムが提供する「Salesforce Marketing Cloud(以下、Marketing Cloud)」との連携を2018年2月より開始しました。



「Marketing Cloud」は、One to One マーケティングを実現するデジタルマーケティングプラットフォームです。今回の連携により、「KARTE」と「Marketing Cloud」がそれぞれで蓄積した顧客データを相互にやり取りすることが可能となりました。サイト内におけるリアルタイム解析とアクションに強みのある「KARTE」と、電話やメール、LINEなど多様なチャネルを横断したマーケティング施策に強みのある「Marketing Cloud」が連携することで、両社が重要視する「一人ひとりの顧客に対して最適なコミュニケーション」の実現を、より厚みのあるデータを活用し、最適なチャネルを選んで行うことができます。

例えば、「Marketing Cloud」の主要機能の一つである「Journey Builder」 を使って顧客ごとのカスタマージャーニーを設計している場合、「KARTE」でリアルタイムに解析した顧客データや行動データをメールマーケティングのきっかけとするような、新たなマーケティングシナリオを実行することが可能になります。また、「Marketing Cloud」を活用したメールマーケティングへの顧客反応データをKARTE に取り込み、顧客体験をパーソナライズするなど、相互の連携が可能です。

今後も「KARTE」は、データを蓄積する様々なサービスと連携し、一人ひとりのサイト来訪者を人として可視化することで心地よい、最適な顧客体験を提供するプラットフォームとして成長してまいります。

[画像: リンク ]



Salesforce Marketing Cloud について
Salesforce Marketing Cloudは、消費者とのエンゲージメントを強化するマーケティング プラットフォームです。マーケティング担当者は、リアルタイムの顧客データを活用し、メールやモバイル、SNS、LINE、Webといったチャネルを横断して顧客とつながり、予め組み込まれたAIテクノロジーを活用することでマーケティング効果の最大化を実現することができます。
さらにマーケティング、営業、コマースやカスタマーサービスとの連携で、一人ひとりに最適化された顧客体験の提供が可能となります。

KARTEについて
KARTEは、ウェブサイトへ来訪したお客様の行動をリアルタイムに解析して一人ひとり可視化し、個々のお客様にあわせた自由なコミュニケーションをワンストップで実現するサービスです。2015年3月にサービスを開始しました。高い拡張性を備えているため、オンサイトに限らず様々なシーンでお客様とのコミュニケーションができることはもちろん、既存サービスとの連携も柔軟で、マーケティングの課題やニーズに合わせた様々な活用が可能です。
あらゆるデータから圧倒的な顧客理解を可能とし、エンドユーザーにおける体験価値(CX)の向上を実現します。


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]