logo

「リテールテックJAPAN 2018」シャープブースのご紹介

シャープ 2018年02月27日 15時01分
From PR TIMES

業務効率や集客力アップにつながるソリューションを提案



[画像: リンク ]


 シャープは、3月6日(火)から9日(金)まで、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される流通情報システム総合展「リテールテックJAPAN 2018」に出展します。「AIoTで実現するスマートリテール」をコンセプトに、店舗での業務効率や集客力アップにつながるソリューションを提案します。

■ 主な出展内容
1.POSターミナル
業種や用途に応じて選べる各種POSターミナルを紹介します。日々の売上集計や在庫管理など、負荷の大きな処理もスピーディに実行できるPOSターミナルの新製品<RZ-A471S>を出展します。

2.デジタルサイネージ
店舗の演出力や集客力アップに貢献する各種サイネージを出展します。24時間連続稼働に対応したインフォメーションディスプレイの40型/50型新製品<PN-M401/PN-M501>やデジタルサイネージソフトウェア「e-Signage S(※1)」を紹介します。

3.店舗での省人化に貢献するソリューション
フードコートなどで活躍する「セルフ注文機」を参考出展します。タッチパネル操作の注文で、お客様に自動で呼び出し用ベル(※2)を渡すことにより、注文カウンターでの受付や会計作業を省力化します。また、AGV(無人搬送車)の倉庫や店舗のバックヤードでの活用を提案します。

■ 出展場所
東京ビッグサイト 東1ホール 「RT1202」

※1 ネットワークを介して配信されたデジタルサイネージのコンテンツを、スケジュールに沿って表示する当社のソフトウェア。
※2 注文した料理が準備できたことを知らせるベル。


「リテールテックJAPAN 2018」について :
リンク


※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
  ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
リンク

【プレスリリース全文(PDF版)】
リンク

【画像ダウンロードサービス】
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]