logo

2018年UTのテーマは「好き」を、着つくせ!世界中で愛されるPOPカルチャーが世界で唯一のデザインになって登場

株式会社ユニクロ 2018年02月27日 13時30分
From Digital PR Platform


ユニクロのグラフィックTシャツブランド「UT」は、“「好き」を、着つくせ!”を2018年のテーマに、世界中の様々なコンテンツを多数ラインナップし、1月上旬から全国のユニクロ店舗及びオンラインストアで順次販売しています。「UT」は、世界中のカルチャーを厳選し、新たなコンテンツとして創出。その魅力を最大限に追求することで本物の価値を持ったTシャツです。アートのようにTシャツをキャンバスに見立て世界観を表現する「UT」は、着る人の個性や価値観を表現できるツールです。UTは、人々の心をワクワクさせ、誰もが着たいと思える1枚を見つけることができるLifeWearとして、進化し続けています。

<2018年注目コンテンツ>
■ 創刊50周年「週刊少年ジャンプ」の漫画独特の表現が楽しめる特別デザイン
今シーズンの新コンテンツ「週刊少年ジャンプ50周年」は、創刊50周年を迎える大人気漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」とのスペシャルコラボレーションです。「DRAGON BALL」、「キャプテン翼」、「聖闘士星矢」や「幽☆遊☆白書」などの懐かしい作品から、「ONE PIECE」や「NARUTO‐ナルト‐」、「BLEACH」など、幅広い世代に愛される多数の漫画をデザインに採用しました。計30作品から構成される本コレクションでは、全ての柄において、漫画の象徴的なシーンなどが生かされたデザインが施されており、ファンの誰もが人気漫画の世界観を味わえるTシャツとなっております。

■ 伝統あるブランドから流行のソウルフードまで、世界が注目するジャパンカルチャーとのコラボレーション
いまや世界中で大流行している日本のソウルフード「RAMEN」がUTコンテンツとして新登場します。「一風堂」や「山頭火」をはじめ、日本だけではなく世界でも人気のラーメン店の屋号がデザインされています。また、江戸時代より京唐紙を制作し続けている日本で唯一無二の老舗「唐長」の柄を新たに採用。「唐長」の、襖や屏風などに使われる美しい細工紙「京唐紙」で知られる伝統的な手法によって作り出される文様は、朴の木に手彫りで彫った板木を先祖代々受け継いだ、数百年不変のデザインです。

■ 愛され続ける世界のアートやカルチャーの新コンテンツが多数登場
今シーズンは、イギリスの伝統的なエレガントで美しい花柄をグラフィックに採用した、インテリアブランド「Sanderson」から、現代アーティストのコラボレーションまで広く展開。また、「SPRZ NY」からは、サンフランシスコで活動を開始し、すぐにその名がアート界に広がった「バリー・マッギー」のグラフィックアートをデザインしたTシャツなど、魅力的なコンテンツが新たに販売します。

■ ディズニープロジェクト「MAGIC FOR ALL」からワクワクするような夢のコレクションが誕生
毎シーズン好評のディズニープロジェクト「MAGIC FOR ALL」は、世界中の人々を夢中にさせるディズニーの「夢と魔法の世界」をはじめとした心躍る世界観をユニクロのLifeWearを通じてお届けするプロジェクトです。今シーズンは、ケビン・ライオンズやマイク・ミルズなど、6人の著名なアーティストやイラストレーターがそれぞれの感性でミッキーマウスを表現した「MICKEY ART」が登場。アーティスト独自のテーマやタッチでアレンジされたミッキーマウスをお楽しみいただけます。また、刻々と変化する夏の空と太陽の光からインスピレーションを受けたミッキーマウスのカラフルなコレクション「MICKEY & THE SUN」など、ディズニーとユニクロだけが実現出来るワクワクするような特別なデザインが続々登場します。

【2018年春夏 UT新規コラボレーション】
リンク
リンク
リンク

■商品情報サイト リンク
■UT Instagram リンク








本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]