logo

IoT機器の開発向けにSTM32マイコン用Sigfox(TM)通信組込みソフトウェアを発表

STマイクロエレクトロニクス 2018年02月27日 10時01分
From PR TIMES



[画像: リンク ]

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、STM32マイクロコントローラ(マイコン)のソフトウェア開発エコシステムを拡充するSigfox(TM)パッケージを発表しました。同パッケージは、IoT機器の長距離・省電力無線通信機能の開発を簡略化し、柔軟性を向上をさせます。

この新しいX-CUBE-SFOXパッケージは、STのB-L072Z-LRWAN1 Discovery Kitと共に使用することができます。組込みソフトウェアI-CUBE-LRWANによりLoRaWAN(TM)を利用できる同開発キットに、Sigfoxパッケージを追加することで、確立された省電力広域ネットワーク(LPWAN)技術の両方を1つのハードウェアで使用することができます。開発者は、2つのプロトコルを搭載した製品もしくは、いずれか1つを搭載した製品を開発できます。また、同開発キットは、村田製作所製のCMWX1ZZABZ-091モジュールを採用しています。STM32L072マイコンとSemtech社製のSub-GHz無線トランシーバSX1276が搭載されているこのモジュールには、Arduinoコネクタを利用して、センサなどのIoT機器向け機能を追加実装することができます。

X-CUBE-SFOXは、STM32L0シリーズ用のSigfoxライブラリおよびアプリケーション・サンプル一式を備えているだけでなく、STM32ファミリの他のマイコンへ移植することも可能です。STM32ファミリには、超低消費電力ラインから高性能ラインまで700品種以上がラインアップされているため、開発者は卓越した柔軟性を活用し、基本通信機能、無線通信信号の検出、GPSを使用しない位置情報の取得など、Sigfoxのサービスを利用するIoT機器の性能および機能を最適化することが可能です。また、このソフトウェアはメモリ使用量が少なく、効率的にCPUを利用できるため、必要なシステム・リソースを最小限に抑え、部材コストと消費電力の低減が可能です。

X-CUBE-SFOXパッケージは、 リンク から無償でダウンロードできます。B-L072Z-LRWAN1 Discovery Kitは現在入手可能で、価格は約46.50ドルです。

注記
Sigfoxネットワークは、地球上の合計320万平方キロメートルをカバーし、36ヶ国(内17ヶ国は国内全域を網羅)で利用されています。X-CUBE-SFOXパッケージに含まれるSTのSigfoxスタックは、ゾーン1、2、4の認証を取得済みのため、欧州27ヶ国、オマーン、南アフリカ、イラン、ケニア、米国、ブラジル、メキシコ、カナダ、コロンビア、ペルー、ニュージーランド、オーストラリア、シンガポール、台湾などの地域で、製品の試験と認証を効率的に実施することができます。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2017年の売上は83.5億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( リンク )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
マイクロコントローラ・メモリ・セキュアMCU製品グループ
TEL : 03-5783-8240 FAX : 03-5783-8216

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]