logo

2018年度 東京大学二次試験の解答速報を公開

日本最難関大学の試験に現役東大生が再び挑戦

行政書士や社労士などの難関資格対策および大学受験対策のオンライン講座を運営する株式会社フォーサイト(東京都文京区/代表取締役社長:山田 浩司)は、2018年(平成30年)2月25日(日)、26日(月)に実施された東京大学二次試験について、現役の東大生スタッフが解答速報を作成します。実際に東京大学に合格している彼らだからこそできる、オリジナルの解答を順次公開いたします。



[表1: リンク ]



[画像1: リンク ]

【東京大学二次試験解答速報公開の背景】
東京大学二次試験において、大学側から正解は公表されません。自身の答案の正誤を確認したいと考える受験生のため、フォーサイトは独自の解答速報を作成・公開します。
実際に東大入試を突破した100名を超える現役東大生スタッフが作成する解答を、参考にしていただければ幸いです。


【東京大学二次試験解答速報公開の背景】※2月26日(月)より順次公開


■試験1日目(2月25日実施)
文科:国語、数学
理科:国語、数学
■試験2日目(2月26日実施)
文科:地歴(日本史B、世界史B、地理B)、外国語
理科:理科(物理、化学、生物、地学)、外国語
※外国語は「英語(リスニング除く)」


[表2: リンク ]



【フォーサイト 大学受験対策オンライン講座の特長】

■効果的に学習できる教材
より効果的な受験対策として、フルカラーテキスト+講義動画+学習マネジメントシステムによる「オンライン講座」を提案。
[画像2: リンク ]

実際の教材の一例

■合格へと導く多彩な講師陣
対面講義ではない分、「より強く『伝える力』を持っていること」を選考基準として、優秀な講師を選抜しています。
[画像3: リンク ]

講義画面

■東大生による学習サポート
東大生の「チューター(進路相談や受講の進捗管理を行う学習アドバイザー)」によって受講生のサポートを行います。
[画像4: リンク ]

東大生チューター

────────────────────────
【株式会社フォーサイト 会社概要】
本社所在地:東京都文京区本郷6-17-9 本郷綱ビル1階
事業内容:教育・学習支援業(資格・大学受験のオンライン講座、書籍出版、販売)
取扱資格:行政書士、社労士、宅建、FP、簿記など
資本金:7,267万円(資本準備金2,767万円)
設立:1993年4月 代表者名:山田浩司
従業員数:200名(アルバイト・派遣・専任講師等を含む) 2017年6月現在

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]