logo

MediaTekとChina Mobileが2019年のプレコマーシャルを目指した5Gデバイス開発で提携

MediaTek Inc. 2018年02月26日 17時13分
From 共同通信PRワイヤー

MediaTekとChina Mobileが2019年のプレコマーシャルを目指した5Gデバイス開発で提携

AsiaNet 72437 (0358)

【バルセロナ(スペイン)2018年2月26日PR Newswire=共同通信JBN】MediaTekは26日、2018年GTIサミットで「China Mobile 5G Device Forerunner Initiative」に参加したと発表した。MediaTekとChina Mobileの提携は、5Gデバイス・フォームファクター、技術ソリューション、試験・認証、製品の研究開発に向けたアプリケーションを網羅する。共同での取り組みは、2018年のフィールドテスト、2019年の初期展開、さらに2020年を目指す商用展開に向けて5Gチップおよびエンドデバイスの熟成を加速することになる。

MediaTekの初代5Gベースバンド・ソリューションは3GPP Rel-15 5G NR規格に基づき、New Radio(NR)、サブ6GHzバンド、スタンドアローン(SA)、ノンスタンドアローン(NSA)ネットワーク、高出力端末(HPUE)、その他主要な5Gテクノロジーをサポートする。MediaTekの5Gソリューションはミリ波(mmWave)をサポートし、世界中の地域ネットワークオペレーターの要求に応える。

MediaTekのコーポレートシニアバイスプレジデント兼最高技術責任者(CTO)であるケビン・ジョー氏は「MediaTekは5Gテクノロジーおよび製品開発に多くの人員と時間を投資することによって大きな進展を成し遂げた。China Mobileの5G Device Forerunner Initiativeに参加することは、MediaTekが世界最大のオペレーターの1つとしての要件を満たす能力があることを実証している。MediaTekの製品は5Gエコシステムの成長と市場浸透を大幅に加速し、世界の消費者ができる限り速やかに5Gの利便性を楽しむことが可能になる」と語った。

MediaTekはMWC 2018で、サブ6GHzプロトタイプ・プラットフォーム、mmWaveアンテナ・モジュール、高度5G NRテクノロジーを含む5G研究開発の最新の進展を展示している。MediaTekの5Gソリューションはスマートフォンに最適なだけでなく、インターネット・オブ・シングス(IoT)、モデム・モジュールなど、さまざまなデバイス・フォーマットに使用できる。5Gテクノロジーに基づく幅広いアプリケーションは、多様な製品ポートフォリオで市場進出することができる。

詳細についてはMediaTekのホール6、ブース#6C30を訪問していただきたい。

▽MediaTekについて
MediaTek Incorporated(TWSE: 2454)は、年間15億台ものコネクテッドデバイスを提供する、グローバルファブレス半導体メーカーである。モバイルデバイス、ホームエンターテイメント、コネクティビティー、およびIoT製品などの用途向けの、革新的なシステムオンチップ(SoC)開発において、市場をリードしている。当社のイノベーションへの取り組みは、スマートフォンやタブレット、デジタルテレビ、OTTボックス、ウエアラブル端末、自動車用ソリューションなどの幅広い製品において、電力効率に優れたモバイルテクノロジーや高度なマルチメディアソリューションを含む、いくつもの主要テクノロジー分野の市場でその地位を確固たるものにしている。MediaTekは、スマートテクノロジーを通じて人々が視野を広げ、容易に目的を実現できるように、力と元気を与える。当社ではこの概念を「Everyday Genius」と呼び、企業活動の基盤としている。詳しい情報はリンク を参照。

ソース:MediaTek Inc.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]