logo

「キリン のどごし STRONG」の年間販売目標を上方修正

キリン株式会社 2018年02月26日 14時00分
From Digital PR Platform


 キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、1月23日に発売した「キリン のどごし STRONG」(350ml缶、500ml缶)が、2月末には、年間目標の約3割にあたる100万ケースを突破する見込みです。販売好調につき、年間販売目標を当初予定(約350万ケース)の約1割増となる約390万ケースに上方修正します。

※1 大びん換算



リンク


■好調の要因
(1)、新カテゴリー創造の兆し
「キリン のどごし STRONG」は、「アルコール7%」と「高発酵技術」で、ノドにグッとくる力強い飲みごたえがありながら、すっきりとしたキレのある後味を実現しました。
ビール大手4社が2015年以降に発売した通年新ジャンル商品と比較すると、高アルコールRTD※2(以下、高アルRTD)からの流入割合が約2倍※3となっています。
コストパフォーマンスの高さを求めて、高アルコールビール(以下、高アルビール)類へのお客様への支持が高まっており、“ビール類にストロング領域”創造の兆しが見受けられます。
リンク

(2)、アルコール度数の高い“ビール類”への期待の高さ
当社調査※4によると、「高アルRTDも飲むが、ビール類で高アルコール商品があれば飲んでみたい。」
と回答した方は全体の8割にのぼっています。加えて「今年に入って高アルビール類を飲んだ」という回答は4割を超えています。
高いコストパフォーマンスの高アル商品、特にビール類については、大きな期待が寄せられています。

(3)、CMの高評価
CM総合研究所による調査では、2月前期「商品にひかれた」銘柄別で2位(2232銘柄中)に選ばれ、加えてYoutubeでのCM再生回数も200万回を超えています。
力強く、インパクトのあるCMなどが受け、大きな話題を呼んでいます。

※2 Ready to Drinkの略。栓を開けてそのまま飲める低アルコール飲料
※3 キリン調べ
※4 当社Web調査、対象20歳以上、N=28,835


■商品概要
1.商品名:「キリン のどごし STRONG(ストロング)」
2.発売地域:全国
3.発売日:2018年1月23日(火)
4. 容量/容器:350ml缶、500ml缶
5.価格:オープン価格
6.アルコール分:7%
7. 酒税法上の区分:リキュール(発泡性)(1)
8.販売予定数:約390万ケース(50,000KL)  ※大びん換算
9.製造工場(予定):キリンビール仙台工場、横浜工場、名古屋工場、神戸工場、福岡工場
以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]