logo

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス)2018」に出展

キヤノンは、2018年3月1日(木)から4日(日)まで、パシフィコ横浜で開催されるカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2018」に出展します。「すべての撮影者へ。ますます楽しく、豊かになるフォトライフを。」をテーマとしたブースを設置し、入力から出力、静止画から動画に至る多数の製品・最先端映像ソリューションを紹介します。



[画像: リンク ]

1. エントリーユーザーからプロまですべての撮影者へ向けたブース展開
「すべての撮影者へ。ますます楽しく、豊かになるフォトライフを。」をテーマに、ご来場いただいたすべての方々に楽しんでいただけるブース展開です。各ゾーンでは、それぞれの来場者に合わせたフォトライフを提案しながら、新製品「EOS Kiss M」(2018年3月下旬発売)をはじめとした多様なラインアップのデジタルカメラやレンズのタッチ&トライ、プリンターでの出力体験などが可能です。

2. 最新テクノロジーを集結した最先端の映像ソリューション
8Kカメラ1台で撮影した映像を、来場者を囲う3面の大画面に映し出すことで、まるでその場にいるかのような臨場感を体験することができます。また、CINEMA EOS SYSTEMで撮影した4K映像をネイティブ4Kプロジェクターで投影するなど、入力から出力までキヤノンが培ってきた最先端のテクノロジーを紹介します。

3. 総勢約40名の写真家/クリエーターによる充実したステージ
エントリーユーザーからプロまで幅広い来場者向けに、多数のセミナーを設けています。ライト、レフトの2つに分かれたステージでは、風景やスナップ/ポートレートなどのジャンルで活躍する写真家約40名が、キヤノン製品を使った撮影テクニック、作品づくりのヒントを紹介します。また、セミナーの合間には、EOS学園オンライン講座の一部を特別に公開します。3日には、ユーチューバーによるEOS MOVIEを使ったYouTube動画のテクニックを紹介するイベントや、インスタグラマーを迎えてのトークショーを開催します。さまざまな写真家/クリエーターによる充実したステージを通じて、写真/動画などの映像表現が持つ魅力や、新しい楽しみ方を提案します。

* CP+2018の開催概要、キヤノンブースの展示内容などの詳細は、キヤノンホームページ内のイベントサイト(canon.jp/event/exhibition/cp2018)をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]