logo

【下田海中水族館】驚きの近さと感動を! ショープログラム全面リニューアル

藤田観光株式会社 2018年02月21日 16時55分
From Digital PR Platform


体験型水族館「下田海中水族館(所在地:静岡県下田市3丁目22-31 総支配人:阪本清嗣)」では、3月15日よりショープログラムを大幅リニューアル致しますのでお知らせ致します。
下田海中水族館は伊豆半島南部、下田湾にある自然の入江を利用した海と緑に囲まれて自然と一体となった水族館。このたび、定評のある動物たちのショープログラムを全面リニューアル。今まで以上に
生き物との距離が近い当館ならではの感動のショーをお届けいたします。観て触って何処よりも感動を近くに、楽しいショーがいっぱいのパワーアップした下田海中水族館をぜひお楽しみください。

<< ワンダーオーシャン“海上ステージイルカショー” >>
ワンダーオーシャンは、自然の入江の一部を利用した天然の大水槽で行なわれるイルカショー。当館ならではの広さを最大限利用したダイナミックなショーに、トレーナーと同じ距離感で、海抜0mの視線からイルカショーを観覧できる「アメ-ジングシート」(有料)」を導入!豪快な大ジャンプと水しぶきが自慢のショーに注目。
リンク

<< マリンファンタジー“カマイルカとアシカのショー” >>
マリンスタジアムのショープールで行なわれるカマイルカとアシカのショー。
アシカショーでは、コミカルな動きとイルカ顔負けの回転ジャンプなどを披露。注目は完全水中で繰り広げられる人と動物との信頼関係に感動の水中ダンスで、ここだけしか見られない必見のショーです。カマイルカは、小型でモノトーンカラーの体色が特徴のイルカ。このカマイルカが繰り出すジャンプは切れ味抜群です!
リンク

<< ディスカバリーオーシャン“魚の餌付けショー” >>
ディスカバリーオーシャンが催される場所は、自然の入江中央に係留された日本でも珍しい海に浮かんだ水族船「アクアドームペリー号」。 船内には水量600トンの大水槽があり、伊豆近海の生物50種1万点を展示し伊豆の海を再現しています。ここではダイバーが水槽のガラス前までウツボやサメを連れてやってきます。また、実際に魚の標本を手にしながら触れながら、飼育員が解説していきますので、楽しみながら魚達のことを学ぶことが出来る「伊豆の海」を深く知れるプログラムになっています。
リンク

<< スマイルシップ“アザラシショー” >>
スマイルシップは、「キス」や「ハグ」するアザラシの姿に思わず笑顔がこぼれ、観ているだけで癒される可愛いゴマフアザラシのショー。アザラシでは珍しく水槽を使ったショーなので、意外にも機敏な水中の様子を係が解説するガイド形式のショーとなっています。ショー中には、アザラシがプールを飛び出してご挨拶!びっくりするほど近くに登場します。ショー終了後には記念撮影やアザラシにも触ることも出来ます!
リンク

<< ペタペタマーチ“ペンギンショー” >>
ペタペタマーチでは、お役様の目の前をフンボルトペンギンが行進する「空中散歩」に注目! オウサマペンギンのステージからの「ダイビング」も新たに実施で、2種類のペンギンが共演します。また、ショー後には記念撮影と館内散歩(夏期除く)をお楽しみ頂けます。
リンク

<< ショープログラムの時間 >>
リンク
※動物の体調等により実施しないこともあります。また、営業時間により実施しないショーもございます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]