logo

自動車分野へのブロックチェーン技術適応サービス構築をめざすカウラ株式会社とAZAPA株式会社が業務提携

KAULA, INC. 2018年02月21日 13時01分
From PR TIMES



報道関係者各位                             2018年2月21日
プレスリリース                                    カウラ株式会社
                                           AZAPA株式会社

自動車分野へのブロックチェーン技術適応サービス構築をめざすカウラ株式会社とAZAPA株式会社が業務提携

ブロックチェーン・プラットフォーマーをめざすカウラ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役&CEO:岡本克司、以下「KAULA」)と、自動車分野の先進企業であるAZAPA 株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役&CEO社長:近藤康弘、以下「AZAPA」)は業務提携しました。ブロックチェーン技術適応により自動車から発せられるデータの経済価値を高めるサービスの開発と実用化に取り組んでまいります。

提携の背景
中国のEVシフトにより自動車市場がパラダイムシフトする事に象徴されますが、世界中でCO2排出規制による世論が高まり深刻な大気汚染問題の解決が求められています。ガソリン車から電気自動車へのシフトが推進とともにEVバッテリー管理が注目されています。 EV用バッテリーは、EVの心臓部であり、もっとも高価、もっとも重く、しかも危険物です。 KAULAとAZAPAは共同で、バッテリー残存価値データの取得、AIを利用しバッテリーの利用予測データの2種類のデータをブロックチェーンに書き込み、真正性と非改ざん性を担保し、バッテリー自体のライフサイクル管理と取得されたデータの価値を最大化させ、流通させる仕組みで、新たなシェアリングエコノミーを実現します。

BRVPSの概要
Battery Residual Value Prediction System (BRVPS)は、バッテリーユニット内の温度、湿度、圧力、電圧、電流等のBMS(Battery Management System)から取得したデータとOBD(On-Board Diagnostics)からの情報をバッテリー残存価値予測エンジンに蓄積し、AI/MLを定常的に実行しブロックチェーンに書き出すことによって、EV/バッテリー所有者や利用者はクラウド経由でデータにアクセスできます。 現在のSOH(State Of Health)データに加え将来のSOHデータ(含む充電効率)とバッテリーの過去の利用傾向をもとにした利用予測データに自由にアクセス出来ることでバッテリー価値の最大限効率的に利用するためのアクションを可能にしたシステムです。
[画像: リンク ]


今後の展開
EVやバッテリーメーカとの連携により、バッテリーデータを中心とした新規市場の開拓をめざします。 EVとバッテリーの需給バランス、エネルギーの消費計画、予約、利用、決済の各ステップを実装することで、バッテリーを中心としたEV普及を加速し、付帯サービスを創造し、EV/バッテリー所有者や利用者がコンシューマからプロシューマへ転換することを可能にします。

世界的な環境意識の高まりや自動運転を始めとする技術に加え、新たなサービスの急速な進歩が生まれております。KAULAのブロックチェーン技術とAZAPA の持つ自動車技術とネットワークを通じて高付加価値サービスを広く提供すると共に、共同で新しい事業モデルを構築してゆきます。

コンソーシアムの設立
センシングからデータ利用サービスモデルの実用化をめざしたIoT-ブロックチェーン基盤技術の確立をメガプラットフォーマーに先んじてエコシステムを形成するコンソーシアムを設立します。

自動車を取り巻くパラダイムシフトの進展はIoTの深化と密接に関係し、自動車から発せられるデータの経済的価値は既に広く認知されています。しかしながら現状のテレマティックスは、取得データの種類や粒度が統一されておらず、これを利用したサービスも限定的です。今後データを活用して創出されるアプリケーションや、これを支えるバックプレーン技術としてのブロックチェーン、セキュリティを意識した標準仕様とこれに沿った具現化をパートナ様と推進してまいります。

■カウラ株式会社の概要
名称:カウラ株式会社(KAULA, INC.)
本社:東京都千代田区神田神保町2-9
概要:世界のブロックチェーンの先進企業や団体と連携し、ブロックチェーン・アプリケーション構築コンサルティング、記録管理やIoT分野でのサービスの開発、およびブロックチェーン教育事業を展開。
・Enterprise Ethereum Alliance(EEA)メンバー
・ エッジプラットフォームコンソーシアム(EPFC)メンバー
・URL:リンク


■AZAPA株式会社の概要
名称:AZAPA株式会社
本社:愛知県名古屋市中区錦2−4−15
事業内容:自動車を中心とした各分野(※)における新システムの研究、ソリューション事業を展開。Tier0.5コンセプトによる価値設計を得意とします。
※モデルベース、計測技術、新制御理論、エネルギー、IoT、人工知能(AI)、感性技術
・URL:リンク


■本件に関する問い合わせ先
カウラ株式会社
担当 CIO 野畑 裕保
E-mail: kaula.laboratory@kaula.jp
TEL: 03-6265-4888

AZAPA株式会社
担当 事業企画部 西田 知史
E-mail: satoshi-nishida@azapa.co.jp
TEL: 052-221-7350 /FAX: 052-221-7351

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]