logo

【提携】国内23万契約の無料スマホ「handy」、旅のプラットフォーム化に向け宿泊施設向けホテルシステム(PMS)メーカー・鍵メーカー8社と業務提携。

handy Japan 株式会社 2018年02月21日 10時01分
From PR TIMES



[画像1: リンク ]

無料レンタルスマホ「handy」を展開するhandy Japan 株式会社(代表取締役社長:勝瀬博則、所在地:東京都、以下handy Japan)は、ホテル向け客室アメニティとして、現在国内契約数23万台までそのシェアを拡大して参りました。この度handy Japanは、宿泊客へスマートかつシームレスな旅行体験、宿泊体験をご提供するために、主要ホテルシステムPMS*1メーカー5社および鍵メーカー3社と業務提携を致しました。
今後も「handy」は、『旅マエ~旅ナカ~旅アト』全ての旅のフェーズにおいて、旅のプラットフォームとなるべく、業界各社との提携を積極的推進致します。(URL: リンク
*1 PMS:Property Management Systemの略称でホテルや旅館などの宿泊施設の管理システムのこと

◆handy Japanこれまでの取り組み
handy Japanでは、2017年7月1日より日本における「handy」サービスを開始し、2018年1月末時点で契約ベースにて23万台を超えるまでそのシェアを拡大しております。 本契約数は、日本のホテル総客室数の約4分の1以上のシェアにあたります。特に都市部では非常に高いシェアを誇っており、東京ではホテル総客室数の6割にも達しています。(下図:主要都市別handy普及率)

主要都市別handy契約数・普及率

[画像2: リンク ]


◆handy Japan今後の取り組み
この度handy Japanは、主要ホテルシステム(PMS)ベンダー、および鍵メーカー計8社との業務提携を行いました。handy Japanは、更にスマートで、シームレスな旅体験を提供すべくご賛同いただいたメーカー各社「handyソリューションパートナーズ」と共に、『旅マエ~旅ナカ~旅アト』すべての行程において、最高の旅行体験を提供できる「旅の総合プラットフォーム」として一層の進化を遂げてまいります。
handy Japanは、これらの業務提携によって、スマートロックやインルームコントロールをはじめとする客室設備のIoT化支援、ゲスト名を付したウェルカムメッセージの送信、ルームサービス・客室アメニティの発注、利用データの自動消去機能等、一歩進んだおもてなし体験を提供できるプラットフォームを、宿泊施設に提供できるようになります。具体的な実現内容・それぞれの開始時期については、今後提携各社と協議のうえ、都度実施して参ります。

handyソリューションパートナーズ

[画像3: リンク ]

■handyJapan 概要

[表: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]