logo

「タカシマヤ スタイルオーダー サロン」京都髙島屋4階にオープン!

株式会社高島屋 2018年02月21日 10時00分
From Digital PR Platform


2018年3月7日(水)、京都髙島屋(京都市下京区)は、「毎日過ごすビジネスの現場を、もっと楽しく過したい」と考える新世代ビジネスマンに向け、“サイズのためのオーダーから、個性を楽しむオーダー”へと発想を変えたオーダーサロン「タカシマヤ スタイルオーダー サロン」をオープンいたします。

ファッションのトレンドが生まれにくくなった今日では「いかに洋服を自分らしく着こなすか」に関心が高まっており、スーツ市場においてオーダースーツが年々存在感を増しているのも、こうした消費者の価値観の変化が背景にあると言えます。既製服に慣れ親しんだ現役世代が、手軽に高感度な商品を自分好みにカスタマイズできる、新感覚のショップを立ち上げ、新しいマーケットニーズに応えてまいります。


■売場概要
・場所:京都髙島屋4階紳士服フロア
・オープン日:2018年3月7日(水)
・売場面積:約78㎡
・ターゲット層:30~50代のビジネスマン
・取り扱いアイテム:スーツ・ジャケット・パンツ・シャツ・ネクタイ・靴・鞄など
・価格帯:スーツ 税込52,920円~、シャツ税込9,720円~
リンク
※画像はイメージです。


■ショップ展開のポイント
売場監修にファッションディレクター・干場義雅(ほしば・よしまさ)氏を起用
高品質な商品をお手頃価格で提供
雑貨アイテムも含めた「オーダー&トータルコーディネート」提案
従来のオーダーサロンにはない「見せる」売場づくり

①ファッションディレクター・干場義雅氏が売場を監修
今回の「タカシマヤ スタイルオーダー サロン」をオープンさせるにあたり、数々のメンズファッション誌に携わってきたファッションディレクター・干場義雅氏に売場監修を依頼。商品デザインや、店内装飾、販促活動など、干場氏の想いが詰まったこだわりのサロンとなっております。

【干場義雅(ほしば・よしまさ)氏プロフィール】
講談社のWebマガジン「FORZA STYLE」編集長・ファッションディレクター。1973年生まれ。東京で3代続くテーラーの息子として幼少期から「服育」を受けて成長。「MA-1」「モノ・マガジン」などの編集を経て「LEON」の創刊に参画。その後、「OCEANS」を創刊し、副編集長兼クリエイティブディレクターとして活躍。2010年、フリーランスのファッションディレクターとして独立。新聞、テレビ、雑誌などメディアの枠を越えて活躍中。

②高品質な商品をお手頃価格で提供
生地の製織からスーツの縫製までを国内で一貫して手掛ける強力なパートナーと直接手を結ぶことで中間流通を排除。クオリティの高さとバリュープライスを両立しました。特に、独自ルートで仕入れた生地は、季節ごとの限定商材として数量限定でご用意。宝探しのような感覚で生地をお選びいただけます。

③完成されたスタイルを全身コーディネートで提案
基本となる3つのスタイルのスーツを提案するだけでなく、それぞれのスタイルにベストコーディネートが可能なシャツ、ネクタイ、靴、鞄などの雑貨アイテムもご用意し、すべてオーダーができます。スーツのデザインやディティールに合わせて、シャツの襟やカフス、ネクタイの幅やシルエットなど細部までこだわったコーディネートをコンサルティングいたします。

④従来のオーダーサロンにはない「見せる」売場づくり
いままでのオーダースーツ売場は、生地見本ばかりが店頭に多く並んでいましたが、今回提案するサロンでは、それぞれのスタイルに合った服地で作成した製品見本が並び、実際にご着用いただくことで、完成後をイメージしやすくなっています。


■取り扱いアイテム
【スーツ】
3スタイル(生地展開は約400種類)
※全て、身幅、着丈、袖丈等の調整、釦、裏地(一部有料オプション)の選択が可能です。
価格:税込52,920円~96,120円
※その他、高額インポート生地もあり、ご要望によって高価格帯商品の注文も可能です。
※お渡し日:約4週間後

○001型(ネオクラシコ)干場義雅氏 監修モデル
ジャケットは、パットを省いた丸みのある肩、釦を閉じても、開けてもバランス良く見える大きく開いたフロントカットが特徴です。パンツは、2プリーツで腰まわりにゆとりを持たせつつ、裾は細く、大きく折り返したデザインがアクセント。日常の動きを妨げない快適な機能性とトレンド感を併せ持つ、現代にふさわしいスーツです。軽さを求め、着心地にこだわりを持つアクティブなビジネスマンにお勧めしたいデザインです。
リンク


○002型(クラシコ)
正統派のオーセンティックな雰囲気を残しながらも、肩パットを排除し、軽い着心地にこだわりました。また、ネックポイントの位置を高くする事で、フロントから脇に流れる前身頃が作り出すラインが美しく仕上がっています。クラシックをアップデートした現代スーツのスタンダードモデル。シルエットの美しさにこだわりを持つビジネスマンにお勧めしたいデザインです。
リンク


○003型(ブリティッシュ)
細めのラペルとナチュラルに肩先が上がったセミコンケープド・ショルダーが特徴。テーラードの息づかいを感じる実直なフォルムで、構築的な作りで構成されています。テーラードとモードを融合したスーツスタイルはトレンドを意識しながらも、トラディショナルな着こなしを好むビジネスマンにお勧めしたいデザインです。
リンク

【シャツ】
生地展開は約150種類 価格:税込9,720円~
襟、カフス、フロント・バックスタイル等のデザイン選択が可能、サイズはゲージを着比べながら自分の体型に最も近いものをお選びいただけます。スーツの001型には襟が開きすぎない「セミワイド」、002型には「ワイド」、003型には「ラウンド」の襟型を合わせ、それぞれのデザインに最適なカフスやフロントスタイルをご提案。

もちろん、デザインの組み合わせ変更は自由にできます。また、これら3つの襟型の他、レギュラーやボタンダウン、タブカラーなど5つのデザインをご用意しています。
※お渡し日:約4週間後
リンク

【ネクタイ】
生地展開は約50種 価格:税込10,800円~
スーツのデザインや着用される方の身長に合わせて「ネクタイ全長」、「大剣幅」、「シルエット」の選択が可能です。

Vゾーンがやや広い001型スーツには、大剣幅7.5cmのストレートシルエットですっきり見せ、002型には大剣幅8cmのセミボトルシルエットで少しボリュームを出し、003型には大剣幅7cmのストレートシルエットで細めに合わせるなど、それぞれのスーツスタイルに合わせたネクタイを提案。もちろん、デザインの組み合わせ変更は自由にできます。
※:お渡し日:約4週間後
リンク

【靴・鞄】
靴は、ベーシックなデザインから、人気のモンクストラップまで4型をご用意します(税込41,040円~)。そのうち、2型は、シューズデザイナー坪内浩氏と干場義雅氏のコラボレートブランドである「WH(ダブルエイチ)」(税込60,480円~)。「WH」はアッパー部分を2種10色の革から選んでオーダーできます。
お渡し日:約3ヵ月後

鞄は、干場義雅氏がクリエイティブディレクターを務める「ペッレ モルビダ」(税込63,720円~)から3つのデザインをご用意。ハンドル部分、ボディ、底部分の3つのパーツをそれぞれ2種15色の革から選んでオーダーできます。
お渡し日:約3ヵ月後


【京都高島屋公式サイト】
リンク

【お問い合わせ】
京都高島屋
京都市下京区四条通河原町西入真町52
TEL:(075)221-8811(代)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]