logo

骨伝導なら火災・建築の騒音下現場でもクリアなコミュニケーションを実現!ヒアラブル(R)デバイスメーカーBoCo「内閣府オープンイノベーションチャレンジ2017」に採択

BoCo株式会社 2018年02月20日 14時01分
From PR TIMES

骨伝導技術を活用したデバイスメーカー、BoCo株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:謝端明)が、内閣府によるイノベーション創出・事業化を目的とした公募事業「内閣府オープンイノベーションチャレンジ2017」の認定企業として採択されました。「骨伝導を用いた火災現場等における無線機器等の音声を支障なく聞き取る手法」をテーマとして、BoCoの骨伝導技術を活用した事業化を進めてまいります。



骨伝導技術を活用し、「新・骨伝導イヤホンシリーズearsopen(R)」等を開発・製造しているBoCo株式会社が、内閣府による「内閣府オープンイノベーションチャレンジ2017」の認定企業に採択されました。

●内閣府オープンイノベーションチャレンジ2017とは
リンク
●内閣府オープンイノベーションチャレンジ2017認定企業
リンク

弊社は事業化テーマとして「火災現場等において無線機器等の音声を支障なく聞き取る手法」をあげており、騒音環境下での会話にも使用できる無線機用のハンズフリーヘッドセットを弊社独自技術で開発した新・骨伝導スピーカーデバイスおよび新・骨伝導マイクデバイスによって実現することを目指しています。

通常人が音を聞く際に使っている空気振動ではなく、骨伝導により直接音を届けることにより、耳を開いた状態で「通話システムからの音声」と「環境音(外部の音)」を同時に聞き取ることができるため、消防・建築といった騒音環境下での無線通信機器による会話をより正確・快適なものに変えることができます。

本事業による「新・骨伝導ヘッドセット」の使用が可能になれば、スムーズなコミュニケーションによって、多くの現場へ、より「安全」を提供できると考えております。

BoCo株式会社は、Your Happiness is Our Businessをモットーに、今後も新たな感動と喜びをテクノロジーの力で生み出し続けてまいります。
[画像1: リンク ]

※BoCo株式会社開発による骨伝導デバイスイメージ

●内閣府オープンイノベーションチャレンジ2017
内閣府オープンイノベーションチャレンジとは、スピード感あるイノベーションを起こすために、国の機関が有する具体的ニーズに対応した中小・ベンチャー企業の新たな技術や着想を積極的に発掘し、社会実装(事業化)していくことを目的とした内閣府における中小・ベンチャー企業を対象とした公募事業のことです。
リンク

●earsopen(R)
「earsopen(R)」は骨を通じて音を聴くことで、耳をふさがない(鼓膜を使わない)新世代の骨伝導イヤホンです。高音質と安心・安全を届けるために長年研究を重ね、独自開発のearsopen(R)骨伝導デバイスを採用することで「世界最小の骨伝導イヤホン」を完成させました。2017年3月7日(火)~2017年5月31日(水)に、CCC(TSUTAYA)グループのクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING by T-SITE(グリーンファンディングバイティーサイト)」にて、1億円を達成し、注目を集めました。
earsopen(R)Webサイト:リンク
[画像2: リンク ]

[動画: リンク ]


●BoCo株式会社
BoCo株式会社は製品の基礎特許を有するゴールデンダンス社の技術を使い、SONYオーディオ事業部で開発・設計を行っていた音への強いこだわりを持ったメンバーが中心となって商品を開発しています。代表取締役をはじめ、異なる経験豊かな人材が集まり、今まで世の中にないものを日本で開発・製造することを目指し、earsopen(R)骨伝導イヤホンを商品化いたしました。日本国内を代表できるトップクラスの高い技術を持つ会社として、「経済産業省 飛躍Next Enterpriseプロジェクト」「内閣府オープンイノベーションチャレンジ2017」に採択されました。
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]