logo

広告代理店が手掛けるワイナリー事業、「6次産業化アワード」奨励賞受賞!

株式会社NIKI Hillsヴィレッジ 2018年02月20日 11時01分
From PR TIMES

株式会社NIKI Hillsヴィレッジは、農林水産省の補助事業の一環として実施されている「平成29年度6次産業化アワード」において『奨励賞 グローカルチャレンジ賞』を受賞しました。



株式会社NIKI Hillsヴィレッジ(所在地:北海道余市郡仁木町、代表:石川和則)は、「平成29年度6次産業化アワード」において、『奨励賞 グローカルチャレンジ賞』を受賞しました。
「平成29年度6次産業化アワード」は、農林水産省の補助事業「平成29年度6次産業化ネットワーク活動全国推進事業」の一環として、6次産業化推進協議会が実施する表彰制度です。6次産業化に取り組む事例を全国から募集し、先進的な取り組みを表彰します。

■6次産業化アワードについて
異業者や地域ネットワークとのつながりで、地域の優れた素材をさらに付加価値の高い商品へと変え、地域の未来をも変えていくような取り組みを全国から募集するアワードです。平成29年度は86点の応募があり、その中から農林水産大臣賞、食料産業局長賞、奨励賞の15業者が表彰されます。
3月1日には、ベイサイドホテルアジュール竹芝(東京都港区)にて、表彰式ならびに受賞事業者によるプレゼンテーションが行われます。

■NIKI Hillsヴィレッジについて
広告会社DACグループが、準限界集落となっている北海道余市郡仁木町の創生を目指し、2015年に立ち上げた農業生産法人です。総面積27ヘクタールの土地に、ワインブドウ畑、醸造所、研修・宿泊施設、地下レストラン、ナチュラルガーデンを抱える一大施設を建設し、2019年夏にグランドオープン予定です。観光として楽しめるワインツーリズムの一大拠点にすることを目指しており、仁木町の観光客を年間30万人に増やす計画にも寄与していきます。
NIKI Hillsヴィレッジ:リンク
DACグループ:リンク

[画像: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]