logo

津村彰氏コラム 「ヤマハの2018年真打登場!「L3」スイッチのおさらいとSWX3200」

SCSK株式会社 ネットワークプロダクト部 販売促進課 は津村彰氏コラム 「ヤマハの2018年真打登場!「L3」スイッチのおさらいとSWX3200」を公開されました。

###
先日2月9日に、ヤマハより新製品「X18」こと「スタンダードL3スイッチ SWX3200」、「ライトL3スイッチ SWX3100」、の製品発表がありました。

これにより、従来ヤマハ製品でカバー出来ていなかった「L3スイッチ」の領域と、今後大容量のトラフィックを扱うのに必須な「10GBase Ethernet」を同時に手に入れる事が出来るようになりました。

実際の3月の発売を前に、これらの「何が凄いのか」「どう凄いのか」をまとめてみたいと思います。
2. ついに登場!ヤマハのL3スイッチ!

従来、ヤマハのネットワーク製品では「ルーター」「L2スイッチ」がカバーされており、それにより中小企業を中心としたほとんどの場面において、ヤマハ ネットワーク製品が活躍しておりました。

このたび、「X18」こと「SWX3200シリーズ」「SWX3100シリーズ」のリリースにより、より大容量の通信を安定処理する必要のある場面において有用な「L3スイッチ」がカバーされ、より様々な場面においてヤマハ ネットワーク製品の活躍が期待されています。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]