logo

宮崎県特産品使用のスイーツ開発を同県内の高校生たちに解説 -- 大手前大学

大手前大学 2018年02月19日 14時05分
From Digital PR Platform




大手前大学は2月22日、宮崎県内の高校生たちを招いた特別講義を開講いたします。講義では、同県の特産物を使用したスイーツ開発などについて講演いたします。




 特別講義は、2014年9月に大手前大学と大手前製菓学院専門学校(現大手前栄養製菓学院専門学校)が宮崎県と締結した「官学連携の協力推進に係る協定」に基づいて開講します。宮崎県の特産物を使用したスイーツの開発・提供に取り組んでいる大手前大学総合文化学部の松井博司教授(スイーツ学専攻)が講師を務め、同県立高鍋農業高等学校や農業大学校の生徒ら約20名が出席いたします。

 講義では、松井教授が本学のスイーツ学専攻の教育内容を説明するほか、宮崎県特産の「日向夏」や「へべす」、「キンカン」などの柑橘類を使用したスイーツへの加工方法などについて解説いたします。また、出席者には日向夏を使用したパイやチョコレートを試食して頂く予定です。



■宮崎県立高鍋農業高等学校・宮崎県立農業大学校への特別講義について
日 時:2月22日(木)午前10~11時
場 所:大手前大学さくら夙川キャンパス A21教室(兵庫県西宮市御茶家所町6-42)
講 師:大手前大学総合文化学部 松井博司教授(スイーツ学専攻)
来学者:宮崎県立農業大学校の学生、宮崎県立高鍋農業高等学校の生徒ら約20名




▼本件に関する問い合わせ先
大手前大学・短期大学 アドミッションズ オフィス 学園広報
藤本 ・ 山本
住所:兵庫県西宮市御茶家所町6-42
TEL:0798-36-2532
FAX:0798-23-4865


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]