logo

文化を超えて学生がペアを組み、企業での実習を通じて問題発見・解決に取り組む。越日工業大学(ホーチミン)の学生23名と金沢工業大学の学生23名がペアを組み(バディ制度)、日本でインターンシップを実施

金沢工業大学 2018年02月13日 20時05分
From Digital PR Platform




金沢工業大学はイノベーション創出を可能とする「世代・分野・文化を超えた共創教育」を全学で展開しています。この度のインターンシップは「文化を超えた共創教育」の一環として行われるプログラムで、ベトナムの越日工業大学の学生と金沢工業大学の学生がチームを組み、金沢工業大学における5日間の事前学習を経て、受入企業での実習等を通じて問題発見・解決に取り組みます。就業体験後には事後学習を実施し、就業体験や企業から受けた評価等の振り返りをおこないます。




 越日工業大学(ベトナム・ホーチミン市)の3年生23名と金沢工業大学の学生23名(2年生9名、3年生14名)がペアを組み(バディ制度)、関東、関西、東海、北陸エリアの受入企業14社のご協力のもと、日本でインターンシップを行います。
*本取組は日アセアン経済産業協力委員会(AMEICC)による拠出金事業に採択されています。

 このインターンシッププログラムに参加した学生たちによる成果発表会を、グループ1は2月23日(金) 13:30より、グループ2・グループ3は3月2日(金) 13:30より、金沢工業大学扇が丘キャンパス12号館4階イノベーションホールにて開催します。バディ制度によるインターンシップの内容・気づき・今後にむけた目標等を発表します。

 越日工業大学は、ベトナムと日本を中心にイノベーションを担い得る人材の育成を目指して2015年9月にベトナム・ホーチミン市で開学しました。日本型のものづくり教育を行うため、問題発見解決型「プロジェクトデザイン」や「技術者倫理」「インターンシップ」など、金沢工業大学のカリキュラムを採用していることが特長で、金沢工業大学としてもカリキュラムの初の海外輸出事例となっています。






▼本件に関する問い合わせ先
広報課
住所:石川県野々市市扇が丘7-1
TEL:076-246-4784
FAX:076-248-7318
メール:koho@kanazawa-it.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]