logo

RubyビギナーのためのStep upコラム > 第2回 Rubyの多重代入について

CTC教育サービスはコラム「RubyビギナーのためのStep upコラム > 第2回 Rubyの多重代入について」を公開しました。

###

みなさん、こんにちは。
前回はRubyのバージョンについてのお話でしたが、2018年最初のコラムである今回は、ぐっとRubyの文法にフォーカスした話題「多重代入」です。

そもそも、多重代入とは何か?というところからですね。Rubyに限らず、プログラミング言語において、「代入」はごくごく基本的な操作の一つです。代入には多くの場合、代入演算子「=」が使われ、操作としては右辺の内容が左辺に格納されます。

Rubyでは以下のように書くと、yearという変数に2018が代入されます。

year = 2018

Rubyでは、このようにちょっとした文法の確認などをしたいときに、irbという便利なツールが用意されています。もしお手元にRubyがインストールされている方は、ご一緒に試してみてはいかがでしょうか。コマンドラインから「irb」とコマンドを打つとirbが起動します。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]