logo

ドローンファンド総額16億円でファイナルクローズ

DroneFund 2018年02月09日 16時01分
From PR TIMES

ドローン特化型のベンチャーキャピタルとしては世界最大規模

エンジェル投資家 千葉功太郎がGPを務める千葉道場ドローン部1号投資事業有限責任組合(以下「ドローンファンド1号」)は総額約16億円にて組合組成を完了致しました。総額約16億円のファンドサイズは、目標金額の10億円を上回り、またドローン領域に特化した独立系ベンチャーキャピタルが組成した1号ファンドとしては世界最大規模となります。
また、当ファンドのようなエンジェル投資家出身者がGPを務めるファンドが独立行政法人中小企業基盤整備機構(以下「中小機構」)より出資を受けるのは今回が初めてとなります。



【主な出資者】
ドローンファンド1号の主な出資者は、株式会社オークファン、株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ、キャナルベンチャーズ株式会社、大和企業投資株式会社、株式会社DGインキュベーション、テクノプロ・ホールディングス株式会社、日本アジアグループ株式会社、MistletoeVenturePartners株式会社、三井化学株式会社、(以上50音順)等の大手事業会社、エンジェル投資家及び中小機構です。

[画像: リンク ]



【投資方針】
ドローンファンド1号は、ドローンをキーワードに、関連するコア・テクノロジー、サービスの全方面を積極的にカバーして投資しております。
投資ステージとしては、シード・アーリーを主な対象とし、1件当たりの投資金額はシード・アーリーでは1,000万円~5,000万円、ミドル・レイターでは~約1億円を上限としています。
これまでにシード・アーリーを中心に国内外のスタートアップ19社に対して(合計約7.4億円)投資を実行しております。

【今後】
当ファンドは、引き続きドローンファンド1号の運営を通じて、ドローンスタートアップエコシステムの発展に貢献してまいります。


【ドローンファンドについて】
略名称      :Drone Fund(ドローンファンド)
正式名称    :千葉道場ドローン部1号投資事業有限責任組合
特例業務届出者 :鎌倉インベストメント株式会社、千葉功太郎
メールアドレス :funanami@dronefund.vc
ウェブサイト :リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]