logo

消防本部にロボットスーツHAL(R)を導入!~つくば市トライアル発注認定制度を活用して~

つくば市 2018年02月09日 11時01分
From PR TIMES



[画像1: リンク ]


つくば市トライアル発注認定事業者であるCYBERDYNE株式会社から「HAL(R)腰タイプ作業支援用」をレンタルし,本市消防本部に導入しております。救急搬送時に装着するなど,力仕事も担う救急隊員の動作を補助することで,腰への負荷を低減し,救急隊員の迅速な動作をサポートします。

今年度,2箇月間レンタルを行い,来年度以降の導入可能性について検証を行ってまいります。

●導入期間
平成30年1月26日(金)から3月25日(日)までの2箇月間
[画像2: リンク ]


●製品概要
HAL(R)腰タイプ作業支援用は,脳から神経を通じて筋肉へ送られる信号を微弱な「生体電位信号」としてセンサーが読み取り,腰に装着した機体のモーターを動かすことで,人の動作を補助するもの。医学的・解剖学的観点からの解析・シミュレーションに基づき,腰部負荷を低減する機能を実現したウェアラブルロボット。
[画像3: リンク ]


●つくば市トライアル発注認定制度とは
平成27年度から,市内中小企業の販路開拓を支援するため,新規性の高い優れた新製品・サービスを市が優先的に導入する制度。これまで,14事業者(15製品・サービス)を認定し,うち8製品・サービスを導入しています。

つくば市ホームページ「つくば市トライアル発注認定制度」
リンク
[動画: リンク ]



【取材申込先】
つくば市消防本部警防課 担当:鈴木,中島

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]