logo

eBay、2017年通年、および第4四半期の業績を発表~好調なホリデーシーズンが第4四半期高水準に寄与~



 グローバルコマースのリーダーであるeBay Inc.(NASDAQ:EBAY)は、2017年第4四半期の売上高(2017年12月31日終了)は26億ドルで、前年同期比9%成長、為替変動を除くと7%増加であったと発表しました。また、取扱高(GMV)は、244億ドルとなり、前年同期比10%の成長、為替影響を除くと7%成長でした。同四半期におけるGAAPベースの継続事業からの純損失は26億ドル、1株あたり純損失(希薄化後)は$ 2.51となりました。主な理由として、Tax Cuts and Jobs Act (TCJA)の制定に起因する31億ドルの税金が挙げられます。また、非GAAPベースの継続事業の純利益は618百万ドル、1株あたりの純利益(希薄化後)は0.59ドルとなりました。第4四半期の財政状況は、継続事業によるオペレーティング・キャッシュフロー988百万ドルおよびフリーキャッシュフロー7億9,600万ドル。また、922百万ドルの普通株式を買い戻しました。

 デヴィン・ウェニグ最高経営責任者(CEO)は、以下のようにコメントしています。
「米国eBayの5四期連続成長により、記録的な四半期となりました。eBayは事業改善により着実な成長を遂げ、2018年はさらなる加速を期待しています。」
 
 第4四半期には、プラットフォーム全体でアクティブバイヤーがプラス5%となり、全世界で1億7000万となりました。eBay.comなどのマーケットプレイス事業における取扱高(GMV)は230億ドル、売上高は21億ドルとなり、前年同期比9%の成長となりました。なお、為替影響を除いた前年同期比は6%の成長となりました。

 米国でのホリデーシーズンの好調な推移と、新たなユーザー獲得により、売上は前年同期比8%、為替影響を除くと6%の成長となりました。チケット販売サイト「StubHub」は、コンサートやスポーツチケットの強い需要により、取扱高(GMV)は16%増加の14億ドルとなりました。なお、為替影響を除いた前年同期比は15%増加、売上高は前年比10%増加(為替影響を除いた場合も)で307百万ドルとなりました。

 クラシファイド広告の売上は2億4,400万ドル、2四半期連続で、2桁成長を記録し21%増加となりました。なお、為替影響を除くと13%増加、主にドイツでの強い需要にけん引されました。

 2017年度通期の決算では、前年同期比(為替影響を除いた場合も)7%増加の売上96億ドル、取扱高(GMV)は、前年同期比(為替影響を除いた場合も)6%増加の884億ドルを達成しました。継続事業によるオペレーティング・キャッシュフロー31億ドル、フリーキャッシュフロー25億ドルとなりました。

【eBay Inc.およびイーベイ・ジャパンについて】

[画像: リンク ]



リンク
eBay Inc.(米国NASDAQ上場、ティッカーシンボル:EBAY)は、世界中から1億7,000万人*ものバイヤー(買い手)が集まる世界最大規模のオンライン・マーケットプレイス「eBay」などを運営する、世界をリードするコマース企業です。1995年に米国カリフォルニア州サンノゼで創業され、ひとりひとりがそれぞれのパーフェクトを見つけられる場所として、世界中の買い手と売り手を結びつけています。2017年の取引高は884億ドル(約10兆円**)となり、常時11億商品が世界中から出品されています。日本法人であるイーベイ・ジャパン株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐藤丈彦)は、海外での販路開拓や売上拡大をめざす日本国内の法人企業をサポートしています。
* eBay India事業をFlipkart社に譲渡したことにより、バイヤー数を2017年第三四半期より修正。
** 2017年末の為替レート(1ドル=111円)で換算。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]