logo

地方で働く人に「編集力」を!書籍『魔法をかける編集』出版記念イベント全国ツアー盛況の御礼に期間限定で書籍全文公開を実施

書籍購入者には電子版を無料配布

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、書籍『魔法をかける編集(しごとのわ)』(2017年7月17日発売)の著者・藤本智士氏が自らの足で全国を行脚し、開催した、出版記念イベント全国ツアー盛況の御礼に、2018年2月1日(木)~8日(木)の期間限定で書籍の全文を無料公開いたします。また、書籍購入者には本書の電子版を無料で配布いたします。



[画像1: リンク ]

■全国62カ所で出版記念イベントを実施! 総動員数2,570名、大盛況に終わり『魔法をかける編集』990冊を販売
大阪に編集部を置いた雑誌「Re:S」、秋田県から全国2,600箇所に配布された秋田県庁発行のフリーマガジン「のんびり」など、現在も兵庫県に暮らしながら、地方からの発信にこだわり続ける編集者・藤本智士氏。2017年7月に、自身の編集術を最大限に詰め込んだ本書『魔法をかける編集(しごとのわ)』を発刊しました。また、前述の「のんびり」を書籍に再編集した『風と土の秋田 二十年後の日本を生きる豊かさのヒント』(リトル・モア)を同時発刊。この2タイトルの出版を記念し、出版記念イベント全国ツアーを実施しました。

テクノロジーの進化のおかげで、そこがどんなに田舎であろうと情報を発信・共有することができる現代において、いま地方の人たちにこそ「編集力」が必要となってきています。そこで藤本氏は「地方の人たちに『編集』の力を伝えたい!」という想いを携えて、北海道から沖縄まで40県・62カ所の地域で出版記念イベントを開催。総動員数2,570名、会場販売では2タイトルで合計1,539冊を売り上げました。


『魔法をかける編集(しごとのわ)』990冊
『風と土の秋田 二十年後の日本を生きる豊かさのヒント』549冊


出版不況や地方の過疎化と言われるなか、各地域で本が売れ、イベントは大盛況に終わりました。

■「書籍=書店で売る」だけでは届かない
単に流通に乗せるだけではモノを売るのが難しい時代です。とくに本書は、地方で働く人をメインターゲットにしています。また、「編集」という言葉は「本や雑誌をつくること」と捉えられがちです。書店も少ない地方で、編集に興味を持ってもらうことは難しい課題でした。

こうした状況を打破するときにも、「編集力」を生かせると藤本氏は提唱しています。『魔法をかける編集』で藤本氏は、「編集力とはメディアを活用して状況を変化させる力」と定義しています。メディア(紙・ウェブ・店・人)を使って様々なモノやコトを編集(企画・ディレクション・情報収集など)することは、思い描いているビジョンを実現したり、問題解決したりするために欠かせないスキルなのです。

今回「書籍を地方の人に届ける」というビジョンを実現するために、以下の編集を行いました。


出版記念イベントを全国62カ所、40都道府県で開催
書店だけではなく、カフェやコミュニティースペースを活用
地域ごとにテーマ、イベントタイトル、トーク相手を変える


その結果、書店が少ない地域で暮らす多くの方たちに本書を届けることができました。このように編集とは、書籍や雑誌、ウェブに携わる人だけのスキルではなく、商品や町、イベントなどあらゆる仕事に役立てられるスキルであると藤本氏は述べています。

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

■イベント盛況の御礼に、全文公開&書籍購入者に電子版を配布!
2017年12月に終了した出版記念ツアーは、編集をテーマにしたにもイベントにも関わらず、多くの職種の方がご来場されました。

<参加者の主な職業>

県庁、市役所職員、学芸員など行政関係者
地域おこし協力隊
地域メディアの編集者、新聞記者
商店事業主(工務店、不動産、印刷会社、飲食店など)


本イベントは終了しましたが、今後も地方で働く方たちに編集力を届けたく、1週間限定で全ページを無料公開いたします。インターネットに接続している環境であればパソコンやスマートフォンにあるウェブブラウザーから閲覧できます。アプリのインストールや登録の手続きなどは不要です。

【1週間限定『魔法をかける編集』全ページ無料公開】
公開期間:2018年2月1日(木)~2月8日(木)
『魔法をかける編集(しごとのわ)』全ページ無料公開:
リンク

また、本書を購入してくださった多くの方に感謝の気持ちを込めて、全ページを収録した電子版(PDF/EPub)を無料で配布します。既に購入された方も、これから購入する方も対象で、配布期間も限定していません。以下リンクから[特典]ボタンをクリックしてください。

【紙書籍の購入者を対象に電子版をプレゼント】
リンク

■書誌情報

[画像4: リンク ]

書名:魔法をかける編集(しごとのわ)
著者:藤本智士
発売日:2017年7月14日(金)
ページ数:240ページ
サイズ:四六判
紙版定価:本体1,600円+税
電子版価格:1,440円+税 ※インプレス販売価格
◇書籍情報ページ:リンク
◇書影ダウンロード:リンク


■目次
はじめに
第1章 冒険の旅に出る <ローカルメディアを自分のものに!>
第2章 勇者はこんなところにも <文書を扱わない編集者>
第3章 魔法の書をしたためる <紙の雑誌「Re:S」>
第4章 仲間を手に入れる <秋田県で「のんびり」という挑戦>
第5章 武器を八つ装備する <編集術を身につけろ!>
第6章 いざ戦いのとき <編集を最大限に活かした「池田修三」>
第7章 冒険はまだこの先に <これからのメディア>
最後に

■著者プロフィール
藤本智士 (ふじもと・さとし)
1974 年兵庫県生まれ。編集者。有限会社りす代表。雑誌「Re:S」編集長を経て、秋田県発行フリーマガジン「のんびり」、webマガジン「なんも大学」の編集長に。自著に『風と土の秋田』『ほんとうのニッポンに出会う旅』(共に、リトルモア)。イラストレーターの福田利之氏との共著に『いまからノート』(青幻舎)、編著として『池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗』(ナナロク社)などがある。
編集・原稿執筆した『るろうにほん 熊本へ』(ワニブックス)、『ニッポンの嵐』(KADOKAWA)ほか、手がけた書籍多数。
ホームページ リンク

◆しごとのわレーベルとは
仕事について考えるとき、成果や時間、お金を意識することがあっても、輪を意識することは少ないのではないでしょうか。小さい輪でも大きな輪でも構いません。 会社や家庭、地域、過去と未来、わたしとあなた。切り離さなければ、輪はできます。仕事を考えるときそんな輪を大切にしたいという想いからミシマ社とインプレスの2つの出版社で起ち上げたレーベルです。

◆株式会社ミシマ社について リンク
2006年10月に東京・自由が丘に三島邦弘氏が創業したほがらかな出版社。今年で創業11周年を迎え、現在は9名のメンバーとともに「原点回帰」を標榜した出版活動を行っています。一冊入魂の出版活動に全国の書店員に支持者が多く、京都市内にもオフィス兼「ミシマ社の本屋さん」(毎週金曜日のみ開店)を運営しています。

以上

【株式会社インプレス】 リンク
シリーズ累計7,000万部突破のパソコン解説書「できる」シリーズ、「デジタルカメラマガジン」等の定期雑誌、IT関連の専門メディアとして国内最大級のアクセスを誇るデジタル総合ニュースサービス「Impress Watch」等のコンシューマ向けメディア、「IT Leaders」、「SmartGridニューズレター」、「Web担当者Forum」等の企業向けIT関連メディアブランドを総合的に展開、運営する事業会社です。IT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を幅広く展開しています。

【インプレスグループ】 リンク
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。2017年4月1日に創設25周年を迎えました。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]