logo

エアノスはアジアに進出、日本法人子会社を設立し、産業ベテランが社長に就任

AerNos, Inc. 2018年02月01日 01時21分
From PR TIMES

エアノスの100%子会社により、日本およびアジアでのエアノス、ナノガスセンサー技術の需要増に一層役立っていきます。

ナノガスセンサーのイノベーターであるエアノスは、AerNos、Inc.の100%子会社であるAerNos Japanを設立し、元半導体のベテランの三輪晴治氏を社長に任命することで、国際的にプレゼンスを拡大しています。この動きは、同社のスマートホームおよびスマートシティインターネット(IoT)製品である「AerHome(TM)」および「AerCity(TM)」、および最近ABCニュース 'Good Morning America”で報道された特化したウェアラブルな大気汚染監視装置である「AerBand(TM)」Researchを含むAerNosナノガスセンサー製品の日本およびアジア市場への拡大を加速することになる。



[画像1: リンク ]

発表日:2018年1月31日 サンディエゴ, カリフォルニア


[画像2: リンク ]

ナノガスセンサーのイノベーターであるエアノスは、AerNos、Inc.の100%子会社であるAerNos Japanを設立し、元半導体のベテランの三輪晴治氏を社長に任命することで、国際的にプレゼンスを拡大しています。この動きは、同社のスマートホームおよびスマートシティインターネット(IoT)製品である「AerHome(TM)」および「AerCity(TM)」、および最近ABCニュース 'Good Morning America”で報道された特化したウェアラブルな大気汚染監視装置である「AerBand(TM)」Researchを含むAerNosナノガスセンサー製品の日本およびアジア市場への拡大を加速することになる。

エレクトロニクス業界で40年以上の経験を持つ三輪氏は、日本の大手半導体およびテクノロジー企業の多くのリーダーや経営陣と幅広いエグゼクティブな経験と強い関係を持っています。AERNOSに入社する前は、BaySand Japanの社長兼CEO、eASICの日本事務所の社長、AmmoCore-Japanの社長、Magma Design Automationの会長兼社長を、Cadence Design Systems Japan の代表取締役社長日本を努めた。

エアノスのCEO、Sundip R. Doshiは次のように述べています。「AerNos Japanの設立と三輪氏の社長任命により、日本の事業を次のレベルに引き上げることに興奮しています。 日本はすでに、ビジネス取引、パートナーシップ、資本の重要な源泉であることがわかっており、当社のリーダーシップを持つAerNos Japanは、アジアにおける機会を拡大し、グローバル展開に重要な役割を果たします。」

AerNos Japanの社長である三輪晴治氏は次のように述べています。「エアノス ナノガスセンサー技術は、多くの業界で大きく変化する技術であり、ビジネスの機会は巨大なものです。 私はAerNos Japanを設立することに発奮しており、日本とアジア地域の国々の人々の健康と安全の向上に大きな役割を果たすことについても同様にわくわくしています。」
[画像3: リンク ]


エアノスセンサーは、複数のガスを同時に検出し、小型で、低消費電力で、10億分の1レベルの精度で、スマートシティ、スマートホーム、自動車、産業用アプリケーション、国土安全保障のためのIoT接続デバイスへの統合に適しています。リサーチ・アンド・マーケッツによれば、アジア太平洋地域は、最も急速に成長しているガスセンサ市場の1つであり、今後数年間市場のリーダーになると考えられています。 Frost&Sullivanは、産業、スマートシティ、eHealthを主要なカテゴリーとして見て、2019年の世界のセンサー市場が1,620億ドル以上を生み出すと予測しています。

エアノスについて、

[画像4: リンク ]


AerNos、Inc.は、環境に有害なガスを検出する画期的かつ独自のAerCNTテクノロジーに基づいて、アプリケーション固有のナノガスセンサを開発しています。 AerNosナノガスセンサは、スタンドアロンのモニタリングデバイス、非固定デバイス(ドローン、産業用ロボット、建設機械など)、輸送モード、ウェアラブル、スマートフォン、IoTなどの民生用製品ラインに簡単に統合できるように設計されています。
AerBand、AerCityおよびAerHomeは、AerNos、Inc.の商標です。詳細については、www.AerNos.comをご覧ください。また、Japan@AerNos.comまでご連絡ください。


[動画: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]