logo

ハタプロ・ロボティクスとエス・アンド・アイ、安価で手軽なマーケティング支援AIロボット「ZUKKU(ズック)」の業務活用を推進

株式会社ハタプロ 2018年01月30日 10時00分
From PR TIMES

~IBM Watsonとの連携強化で顧客対応力をアップ~

 ハタプロ・ロボティクス株式会社(東京都港区 代表取締役:伊澤諒太、以下、ハタプロ・ロボティクス)とエス・アンド・アイ株式会社(東京都中央区 代表取締役社長:藤田和夫、以下、エス・アンド・アイ)は、IBM Watson(以下、Watson)と連携する、手のひらサイズのAIロボット『ZUKKU(ズック)』とIoT型アドテクノロジーサービスの自然な会話による自動応対を組み合わせたソリューションの提供を2018年2月より開始いたします。



[画像1: リンク ]


 今回のWatsonとZUKKUの連携ではWatson Conversationを採用し、ユーザーの日常的な話し言葉での問いかけに対し、親しみのある小型ロボットを通じた音声による対話形式での回答、および画面による視覚情報提供を可能とすることで、社内外のサービスカウンターや、受付窓口、KIOSK端末としてなど、さまざまなシーンにおいて利便性の高い自動応対を実現します。

 ハタプロ・ロボティクスが提供する「ZUKKU」は、「AI/IoTを凝縮させた手軽なサービスロボ」として、これまで高価だったAIロボティクスを安価に提供、利用する施設や地域の日常を進化させることを目指しています。身長わずか10cm、特別な設定が不要なため、どこにでも簡単に設置できます。性別や年齢、表情などを認識し、相手や時間帯に適した情報や広告を多言語で配信できることから、マーケティングや販促活動において効果が期待できると、多くの企業や公共機関から注目を集めています。

 エス・アンド・アイは、「ZUKKU」、「Watson Conversation API」、さらにAI活用の要と言える「学習データ」を利用用途に応じたインテグレーションと共にワンストップで企業や公的機関に提供します。これにより、利用者の意図や問い合わせ内容の文脈を正確に理解した上で、担う業務に最適化された回答や情報提供を実行することが可能となり、利用シーンが大きく広がります。

[画像2: リンク ]


 ハタプロ・ロボティクスおよびエス・アンド・アイは、今回の協業により、安価で手軽に導入できる「ZUKKU」を実用的な業務対応AIロボットとして、さまざまな利用用途における導入を積極的に推進してまいります。

【ハタプロ・ロボティクス株式会社について】
設立:2017年5月
代表者:伊澤 諒太
所在地:東京都港区赤坂2-16-6
事業内容:AIロボットの企画開発、販売及び関連ソリューションの提供

【エス・アンド・アイ株式会社について】
設立:1987年7月
代表者:藤田 和夫
所在地:東京都中央区日本橋箱崎町30-1
資本金:4億9,000万円
事業内容:ICT基盤の統合/仮想化、IPテレフォニー、コンタクトセンターのシステム提供
スマートデバイス活用およびAI/IoT分野での各種サービスやソリューションの提供

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]