logo

焼酎好き・肉好き必見。宮崎県都城市presents 一夜限りのスペシャルディナー  よかにせ&よかおごじょへ贈る ~おもてなし みやこんじょ 2018~ 開催

際コーポレーション株式会社 2018年01月26日 21時43分
From PR TIMES

2月3日(土)、有楽町駅前のトラットリア「スコルピオーネ・スタツィオーネ」にて焼酎と肉の祭典

3年連続で焼酎の出荷量日本一となった宮崎県。なかでも「日本一の肉と焼酎の町」とうたわれる都城市は、焼酎そして、牛肉・豚・鶏の産出額が日本一の町です。日本一になったことへの感謝として、都城の美酒・美食を存分に愉しんでいただくための、一夜限りの“みやこのじょうのおもてなし”の会を2月3日(土)、東京・有楽町駅前の「スコルピオーネ・スタツィオーネ」で開催します。



[画像1: リンク ]

宮崎県は2017年、3年連続で焼酎出荷量が日本一となりました。その大きな原動力となったのが都城市にある霧島酒造です。同市にはこのほか柳田酒造、大浦酒造、都城酒造と個性豊かな蔵元が4つあります。
 また、都城市は肉用牛・豚・鶏ともに日本一の産出額を誇る畜産の町です。なかでも都城が主要な産地である「宮崎牛」は、5年に一度開催され和牛のオリンピックと称される「全国和牛能力共進会」で3回連続内閣総理大臣賞を受賞いたしました。

 2月3日(土)に開催する「おもてなし みやこんじょ 2018」では都城市の4つの蔵元が一堂に会し、それぞれ自慢の焼酎をふるまい、また当日提供するイタリアンディナーに合わせて焼酎カクテルを提供いたします。和食だけでなく、どんな料理とも相性が良い焼酎の奥深さ、汎用性をお楽しみください。焼酎は食中酒としておすすめなだけではありません。蒸留酒である焼酎は糖分が含まれず、他のお酒と比べてグッとカロリーが低くなっています。身体に気遣いながらも、本格的な味わいを楽しめるのも大きな魅力です。
 料理は「都城産宮崎牛」の部位食べ比べをメインに、「霧島山麓雉」や「観音池ポーク」、味わいの濃い鶏卵、都城の肥沃な大地で育った野菜などを使った“都城フルコース”を用意しました。
[画像2: リンク ]

“みやこんじょ”とは都城を意味します。日本一を誇る都城の美酒・美食で、東京のよかにせ&よかおごじょ※を、もてなす「おもてなし みやこんじょ 2018」のディナーイベントは限定50名様、おひとり様5000円(税・サ込)。イープラスにてお申込みを受け付けています。
リンク

※「よかにせ」とは宮崎の方言で「優しい」「強い」「男前」といった意味で男を誉める最高の言葉です。「よかおごじょ」は同様に女性への誉め言葉です。

~おもてなし みやこんじょ 2018~概要
■日時:2018年2月3日(土)18:30開演
■会場:スコルピオーネ・スタツィオーネ
    東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォスビル cafe棟 1F
    TEL:03-5219-1610
■参加費:5,000円(税込)
■WEBサイト「イープラス」よりお申込みください。 リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]