logo

自然検索キーワードレポートを「AIアナリスト」に追加

株式会社WACUL 2018年01月24日 10時00分
From PR TIMES

キーワードごとにCV数等の重要な値を自動で報告

株式会社WACUL(読み:ワカル 本社:東京都千代田区 代表取締役CEO:大淵 亮平)は、Webサイト分析の人工知能「AIアナリスト」に新機能「自然検索キーワードレポート」を追加しました。本機能では、CV数やクリック数、掲載順位といったキーワードごとの重要な値をレポートとしてお届けします。
Googleアナリティクスとサーチコンソールそれぞれ単体ではできなかった「検索キーワードごとのCV数の自動算出」を実現し、SEOやリスティング広告といったWebサイトへの集客施策の意思決定に貢献します。



[画像: リンク ]


「自然検索キーワードレポート」とは
 ユーザがサイトを訪れた際に検索していたキーワードごとの重要な値(クリック数・平均検索順位・表示回数・CTR・CV数・CVR・順位推移)を、分かりやすいレポートにして自動で報告します。
 Googleアナリティクスとサーチコンソール単体では把握できなかったキーワードごとのCV数も自動算出できるようになり、両ツールの使用に不安があるWeb運営初心者の方でも、「AIアナリスト」ひとつで簡単に検索キーワードの分析を行うことが可能となりました。また、サーチコンソールでは3ヶ月分しかデータが保存されませんが、「AIアナリスト」と連携させておけば自動で全てとっておくことができます。
 手間のかかるキーワードのグルーピングを自動で行う機能も、「AIアナリスト」ならではの魅力として今後追加を予定しています。

こんな人にオススメ
・訪問の多い入口ページに来ている人の検索キーワードを知り、サイト設計に役立てたい
・訪問が多くCVしやすい検索ワードを把握してSEOに活かしたい
・リスティング出稿の際、自然検索でとれているキーワードを除外したい
・SEO施策やTV・雑誌出稿などの効果測定をしたい

開発責任者(株式会社WACUL 取締役COO 垣内 勇威)のコメント
 具体的な利用シーンの有無に関わらず、検索キーワードを見たいというニーズは根源的なものです。サーチコンソールを見れば検索キーワードを把握することはできますし、それをGoogleアナリティクスに連携すれば入口別のCVまで見ることができます。しかし両方のツールを使いこなすのは難易度が高く、これをできるユーザは一握りです。特に、「AIアナリスト」を契約頂いているお客さまの7、8割はWeb初心者で、「できるだけ1つのツールで完結させたい」、「わかりやすく簡単にされたデータだけを見たい」と思っています。
 Webに詳しくない人でもデータを使いこなしてマーケティングの意思決定ができるよう、今後も「AIアナリスト」を通してお手伝いをしていければと思います。

AIアナリスト」サービス概要
 「AIアナリスト」は、Googleアナリティクスのアクセス解析データと連携させた大量のデータを人工知能が分析、課題発見、課題ごとの改善方針提案まで全て自動で行うサービスです。中小企業経営者や企業のWeb担当者の「Web専任の担当者をおく予算がない」「Webサイトのデータはとっているけど、どう使用していいのかわからない」などのお悩みに対し、「データの”わかる化”でビジネスの意思決定を簡単に」をビジョンに「AIアナリスト」を提供しています。

一部の機能が無料で利用可能
 一部機能を無料でご利用いただけます。無料でのご利用でも、今まで気づかなかったサイトの課題発見につながるので、以下ページよりお試しください。

「AIアナリスト」の無料利用申し込みはこちら
リンク

-------------------------------------
株式会社WACUL(読み:ワカル) リンク
事業内容:人工知能によるサイト分析ツール「AIアナリスト」の企画・開発及び販売
所在地:東京都千代田区神田小川町3-26-8 2F
代表者:代表取締役CEO 大淵 亮平
製品URL: リンク (人工知能「AIアナリスト」)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]