logo

オリックス・リビングとロジック、スマート介護記録システムを共同開発「Care-wing介護の翼 施設版」1月23日(火)より発売

株式会社ロジック 2018年01月22日 15時00分
From PR TIMES

~ICT導入により、介護現場の業務省力化を実現~

有料老人ホーム・高齢者住宅運営のオリックス・リビング株式会社(本社:東京都港区、社長:森川 悦明)と、スマート介護記録システムを開発する株式会社ロジック(本社:石川県金沢市、代表取締役CEO:和田森 久志)は、住宅型有料老人ホームおよびサービス付き高齢者向け住宅に対応したスマート介護記録システム「Care-wing介護の翼 施設版」を共同で開発し、ロジックのウェブサイトにて1月23日より発売しますのでお知らせします。



ロジックが2010年から発売している「Care-wing 介護の翼シリーズ」は、従来介護士が紙で記録していた介護記録を、NFC*1とICタグ認証の採用により、スマートフォンやタブレット端末を使用して完全ペーパーレス化を実現するクラウドシステムです。利用者の居室に設置されたICタグを読み取ることで介護サービスの開始と終了時間を正確に記録することができ、介護請求データの入力や記録との整合性チェックに要する時間を大幅に削減し、介護現場の業務省力化に貢献しています。

今回、発売する「Care-wing介護の翼 施設版」は、ICT導入によって効率化が期待できる現場業務のローデータをオリックス・リビングが提供し、ロジックと共同開発しました。同製品の導入により、介護士の稼働表がデジタル化され、施設に従事する全ての介護士がタブレット端末などでリアルタイムにお互いの稼働表*2を閲覧することが可能になり、さらなる業務省力化を実現します。

オリックス・リビングでは、同製品を2016年夏より、住宅型有料老人ホーム「グッドタイム リビング 流山 壱番舘」と「グッドタイム リビング 香里ヶ丘」で試験導入した結果、介護士が情報共有にかかっていた時間の削減に加え、伝達漏れの低減など、業務省力化がはかられたため、首都圏と関西圏の24カ所の運営施設へ導入しました。さらに、削減された時間を入居者とのコミュニケーションの時間に充てることができるなど、入居者の満足度向上にも繋がっています。

オリックス・リビングとロジックは、今後も、ICT技術を活用した介護現場の業務省力化を目指し、共に利用者の幸せに貢献してまいります。

*1 NFC ・・・Near Field Communicationの略称。13.56 MHzの周波数を利用する通信距離10cm程度の近距離無線通信技術で、非接触ICカードの通信および 機器間相互通信が可能。
*2 稼働表 ・・・住宅型有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅を訪問先とする訪問介護士の一日の動線がわかるように、担当する対象者や提供するサービス内容と時間が書かれた表。

■製品特徴
1.介護士の稼働表をデジタル化
これまで紙ベースで共有していた稼働表をデジタル化することで全スタッフが常に最新の稼働表のもと動くことができるようになりました。

2.稼働表の変更を一斉通知
導入前は稼働表の変更があるたびに印刷をし直し、全スタッフへ配布していたため情報共有に時間がかかっていました。導入により変更対応後すぐに各端末へ反映・通知でき、あわせてペーパーレス化を実現しました。

3.簡単でシンプルな操作
介護士の使いやすさに配慮し、情報を打ち込む画面は極力ワンタッチで選択できるように設計。誰でも簡単かつシンプルに操作することができます。

<稼働表のデジタル化による業務省力化イメージ>

[画像: リンク ]


■オリックス・リビング株式会社概要
本社: 東京都港区芝2丁目2番15号
設立: 2005年4月1日
事業内容:
(1)有料老人ホーム、高齢者向け賃貸住宅等の運営
(2)上記施設で必要とされる生活支援関連サービスの提供
(3)介護サービスの提供
(4)(1)~(3)に付随・関連する各種サービス
沿革:
2005年、設立し、住宅型有料老人ホームを中心に、介護付有料老人ホーム、高齢者向け住宅を、関東圏17カ所、関西圏15カ所に展開(2018年1月12日時点)。また、2013年には関西にオリックス・リビング イノベーションセンターを開設。優れた技術側のシーズと介護現場の本当のニーズをマッチングさせ「壁収納型介護リフト」「見守りシステム」「ノンエイジ婦人靴」などの共同開発を行い、開発から実証試験、介護現場への普及までをワンストップで実施。

■株式会社ロジック概要
本社: 石川県金沢市新保本3丁目21番地
設立: 1995年4月26日
事業内容:
(1)介護事業所向け記録管理システム「Care-wing(介護の翼)」シリーズの企画・開発・販売
(2)介護ビッグデータの利活用
(3)高齢者・ヘルパー・介護事業所とのコンタクトポイントを活用した高齢者マーケティング
沿革:
建築向けCADを主幹事業としながら、インターネット事業など様々な事業を開発。
2010年にスマートフォンとICタグ(NFC)を利用した業界初のスマート介護記録システム「Care-wing介護の翼」を発売し、全国600を超える介護事業所で導入。 2013年にMCPC award中小企業賞受賞。2015年にはグローバル・ブレイン株式会社が運営する投資事業有限責任組合を引受先として第三者割当増資を実施、介護分野でのスタートアップベンチャーとして事業拡大を目指す。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]