logo

SSP「adstir(アドステア)」、アプリデベロッパー向けの新フォーマット「スワイプインタースティシャル広告」の提供を開始

ユナイテッド株式会社 2018年01月22日 12時01分
From PR TIMES



 ユナイテッド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長CEO:早川与規、証券コード:2497、以下ユナイテッド)が運営するスマートフォン媒体社向けのSSP(※1)「adstir(リンク)」において、アプリデベロッパー向けの新フォーマット「スワイプインタースティシャル広告」の提供を開始したことをお知らせいたします。

[画像: リンク ]



 

 
 今回の新フォーマットの提供により、adstir を利用しているアプリデベロッパーは、スワイプを伴うユーザーアクション上に、全画面のインタースティシャル広告を設置することが出来るようになりました。アプリコンテンツに馴染むように広告を設置することで、ユーザー体験を損なわずに全画面のインタースティシャル広告を配信することが可能となります。

 「adstir」は、今後も多彩な広告フォーマットへの対応をはじめとした機能強化や、国内外のDSP(※2)及びアドネットワークとの接続による広告流通量の拡大を進め、拡大が見込まれるスマートフォン広告市場において、さらなる成長を目指してまいります。


■SSP「adstir」とは
 ユナイテッドが2011年9月に運営を開始したSSPで、アドネットワーク広告収益を最大化しつつ(イールドオプティマイズ機能)、RTB広告(※3)の競争入札を利用する事で更なる広告収益を得る事ができるメディア向けの広告マネタイズプラットフォームです。サプライサイドにおいて国内スマートフォン市場で最大規模のプラットフォームとなっています。
 また、広告枠の設計や表示広告の選定など、コンサルタントによるメディアトレーディングデスク機能としての役割も広げており、今後も総合的な広告プラットフォームとして強化と発展を継続し、最新アドテクノロジーによる広告ソリューションを提供して参ります。


(※1) SSP (Supply Side Platform, Sell Side Platform) とは
複数の広告案件を一元管理し、配信を最適化(イールドオプティマイズ機能など)する事で収益の最大化を狙う、サプライサイド(媒体側)の広告管理プラットフォームのこと。

(※2) DSP (Demand Side Platform) とは
設定した配信ロジックに従って、最適なユーザーへ広告を配信し広告効果の最大化を狙う、デマンドサイド(広告主側)の広告管理プラットフォームのこと。

(※3) RTB (Real Time Bidding) とは
RTB広告とは、広告の買い手(広告主)がDSPを使い、SSPを経由してメディア(媒体)の広告枠を入札形式でインプレッション毎に買い付けを行う広告技術のことであり、これにより広告の買い手(広告主)は効果に見合った最適な値付けを行うことで広告効果の向上を図ることができる。また、メディア(媒体)は最も高い入札を行った広告主へインプレッションを販売することができるため、飛躍的な広告収益の向上が期待できる。


■会社概要
ユナイテッド株式会社
所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-2-5 MFPR渋谷ビル 9階
設立日:1998年2月20日
代表者:代表取締役会長CEO 早川 与規(はやかわ とものり)
資本金:2,922百万円(2017年3月末現在)
U R L:リンク



プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]