logo

特別付録は「KAMO MOJIチャート」。巻頭特集では、いま最注目のテーマ、「一眼レフvs.ミラーレス」を徹底検証!! CAPA2月号は1月20日(土)発売です。

株式会社 学研ホールディングス 2018年01月20日 11時01分
From PR TIMES



株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)は、CAPA2月号(特別定価:本体741円+税)を1月20日(土)に発売いたします。

[画像1: リンク ]

●アナタのカメラの高感度画質・レンズの特性がわかる!
B2判ビッグサイズの別冊付録「KAMO MOJIチャート」は高感度の画質、レンズ特性やレンズの状態がわかるスグレモノ。伊達淳一氏の監修で、オモテ面にはCAPAでおなじみのカモが、裏面には細かいロゴが印刷されており、このチャートを使うことで愛用カメラ、レンズの状態を把握することができます。
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

●一眼レフとミラーレス、ホントはどっちが優れている??
もはや究極と言えるまでに完成度を高めた一眼レフと、動体撮影能力を一気に高めて一眼レフを脅かす存在になった最新ミラーレス。いま、ユーザーが一番気になるこのテーマについて、各ジャンルのプロ写真家がズバリぞれぞれの優位点を語ります。さらにページ後半では現在のミラーレスの実力をQ&A形式で解説。いま最注目のテーマ「ミラーレスは一眼レフを超えたのか?」を徹底検証します。
[画像4: リンク ]

●3人のプロが語るスナップ写真の醍醐味・面白さ
日常のなにげない光景の中に見つけた非日常であったり、面白い構図であったり、スナップ写真は街で描かれる人間模様の縮図でもある。大西みつぐ氏、中藤毅彦氏、ハービー・山口氏という、その道のプロフェッショナルが考えるスナップ写真の醍醐味とは? またプロはカメラを構えるとき、ナニを目指し、ナニを考えているのだろうか。鳥原学氏の考察を交えて、いまあらためてスナップ写真について考えます。
[画像5: リンク ]

[商品概要]
CAPA2月号
特別定価:本体741円+税
発売日:2018年1月20日(土)予定
判型:AB判/180ページ
電子版:あり(同時配信)
雑誌JANコード :491002997018028300741
発行所:(株)学研プラス
CAPAカメラネット:リンク

【本書のご購入はコチラ】
Amazon  リンク
楽天ブックス リンク
セブンネット リンク




プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]