logo

スマホで簡単!花粉症オンライン診療サービス「スマ診」本日1月19日よりサービス開始!

ネクストイノベーション株式会社 2018年01月19日 13時01分
From PR TIMES

最短翌日に薬が自宅へ届く!スマホで、いつでも・どこでも花粉症治療が可能!

ネクストイノベーション株式会社(本社:大阪府大阪市北区、代表:石井健一)は、スマートフォンで花粉症のオンライン診察が受けられるサービス「スマ診」を、本日2018年1月19日(金)よりサービス開始いたします。



 
[画像1: リンク ]

現代人を悩ませる花粉症の症状は日常生活や仕事の能率に影響を及ぼすものが多く、つらいと解っていても、忙しくて通院できない、花粉症で通院は面倒、などの理由で病院に行かずそのままにしているケースが多くみられます。
 
 本日よりサービスを開始する「スマ診」では、スマートフォンを利用し、医師とのチャット形式にて、オンライン診察を受けることができます。そのため、いつでも・どこでも・気軽に、隙間時間を利用して花粉症の予防や治療が可能となります。オンライン診察のため、診察までの移動時間や病院での待ち時間はなし。また病院内での別の感染などのリスクをなくすことが出来ます。さらに、医師としては、空き時間を活用し診察をすることができるため、患者と医者、双方にとってメリットが多いサービスとなっております。
 
 「スマ診」でのオンライン診察は、健康保険は利用できないものの、健康保険を利用した場合の3割負担と同等額の価格帯でサービスを提供いたします。そのため、患者さんの利用負担はもとより、健康保険で7割負担をしている健康保険組合、国民健康保険等の負担も軽減することが可能。健康保険組合、国民健康保険等の財政悪化という社会問題についても改善が期待できる、新しいサービスとなっております。


■■花粉症オンライン診療サービス『スマ診』について■■

【メリット】
●患者
(1)スマートフォンで、いつでも・どこでも・気軽に受診ができる
(2)診察前の待ち時間ゼロ、移動時間ゼロ、院内感染ゼロ
(3)費用は保険診療と同等の価格帯で受診できる
(4)医師が処方する薬が、最短で翌日に自宅へ届く
[画像2: リンク ]



●医者
(1)テキストベースでの診断のため、空き時間を有効活用できる
(2)より多くの患者さんを診察することができる


【社会課題の解決】
●医療費の削減:
健康保険で7割を負担している国民健康保険、健康保険組合を利用しないサービスのため、組合の負担を 軽減できる

●地方の医療難民をサポート:
近くに病院がない、病院に行く手段がないという地方在住の高齢者などのサポートが可能


■■『スマ診』利用手順■■
(1)『スマ診』のスマートフォンのページより、好みのクリニックを選択
(2)問診票を記入し、医師の診察(テキストにて/チャット形式で診察)、その後、薬の処方
(3)会計(インターネット決済)
(4)最短で翌日に薬が自宅に届く
[画像3: リンク ]



■■花粉症オンライン診療サービス『スマ診』サービス概要■■
・サービス名:花粉症オンライン診療サービス『スマ診』
・サービス開始日:2018年1月19日(金)
・利用料金:3,480円~(ライトプラン、スタンダードプラン、症状別プラン)
・URL:リンク

【『スマ診』利用手順動画】
[動画: リンク ]



[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]



■■ネクストイノベーション株式会社 概要■■
“ひとりでも多くの人々に、「医療」をもっと身近に、そして信頼してもらえるように。世界中の人々が、日本が誇る「医療」にたどり着けるように。”というスローガンのもと、薬剤師や医師らが集結し起業。人々と医療の間にICTのチカラで橋をかけます。

・会社名:ネクストイノベーション株式会社
・所在地:〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋3-6-5
・事業内容:インターネットを用いた遠隔医療サービスの企画及び運営、システム開発、及び運営
・代表取締役社長:石井健一
・URL:リンク
[画像6: リンク ]



※『スマ診』は、ネクストイノベーション株式会社の商標または登録商標です。
※その他会社名、製品名、サービス名等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]