logo

Vidyo、ハイブリッドに対応したエンタープライズ向け新グループコラボレーションサービス『VidyoConnect』の国内提供を開始

VidyoJapan 2018年01月18日 14時00分
From PR TIMES

幅広いエンドポイントをサポート、企業のセキュリティ・全社展開のニーズに対応する次世代インフラの構築を支援

リアルタイム・ビジュアルコラボレーションの世界的リーダーであるVidyo(ヴィディオ、本社:米ニュージャージー州ハッケンサック、日本法人代表:垣貫 己代治)は、高品質で拡張性の高いエンタープライズグレードのグループコラボレーションサービス『VidyoConnect(TM)』の国内での提供を、1月22日に開始すると発表しました。
VidyoConnect(TM)はVidyoの優れた映像伝送技術と分散型インフラストラクチャをクラウド上に展開し、高いユーザビリティと相互運用性を備えたコラボレーション環境を手軽かつ効率的に利用できるようにします。テレワークなどの広がりに伴いICTインフラの変革が求められる企業に対し、大規模な構成にも対応する柔軟で可用性の高い全社コミュニケーションインフラの構築を支援します。

<VidyoConnect(TM)の特長>
・幅広いエンドポイントに対応、業界をリードする優れた品質
・企業ネットワークの要求を満たす、高度なクラウドプラットフォーム
・グローバルに分散配置されたインフラによる国内外の安定通信



[画像1: リンク ]


VidyoJapan代表 垣貫己代治は次のように述べます。「業務プロセスや働き方の改革が進む中で、企業内外におけるコミュニケーションの形態、使用されるデバイスや利用シーンは多様化しており、そのようなニーズに対応できる柔軟性が企業のコミュニケーション基盤にも求められています。VidyoConnectはモバイル環境でも実用的な品質のコラボレーション機能をすぐに利用できる手軽さと、既存のテレビ会議システムとの相互運用や数万人規模の企業の全社員をカバーすることのできるスケーラビリティを兼ね備えており、デジタル時代の企業インフラに求められるニーズに非常にマッチしていると考えています。」

Vidyoはリアルタイムコミュニケーションにおいて、最先端の映像圧縮技術、パフォーマンスと拡張性に優れたインフラストラクチャにより、業界をリードしてきました。高品質な多地点接続と安定したエラー耐性、比類のないスケーラビリティにより、トップレベルの金融機関や研究機関、ミッションクリティカルな医療、公共分野を含め広く採用されています。VidyoConnectは、これらの技術をクラウドに展開することで、ユーザーの利便性を高め、インフラリソースの選択肢を広げる新たなサービスです。

幅広いエンドポイントに対応、業界をリードする優れた品質
VidyoConnectは多様なチームの効率的なコラボレーションを可能にします。

多様なデバイスをサポート、異なる利用人数・参加スタイルに対応
- パソコン : Windows, Mac, WebRTCを含む各種ブラウザソリューション
- モバイル:iOS, Android
- ルームシステム:VidyoRoom専用端末、H.323/SIP端末
- 固定・携帯電話
モバイル、インターネットなど変動するネットワークに動的に対応する特許技術により、実際のコミュニケーションの場面において信頼できる品質を実現
シンプルで統一されたインターフェース、ユーザー主導のミーティング管理機能により、ユーザーの教育にかかるコスト、システム部門のサポートを最小限に


[画像2: リンク ]

企業ネットワークの要求を満たす、高度なクラウドプラットフォーム
広がるコミュニケーションツールの利用に対応した次世代インフラの構築を支援します。

企業内へもVidyoコンポーネントを配備するハイブリッド展開のサポートにより、高いセキュリティレベルと利便性の両立を実現
セキュリティ確保のための高度な要素技術を採用、厳しいセキュリティ基準への準拠
多地点での接続においても変わらないパフォーマンスで、数百以上の参加者がHD画質でインタラクティブに対話することが可能、全社展開等の大規模な構築に対応


グローバルに分散配置されたインフラによる国内外の安定通信
世界8カ国以上の拠点に配備されたインフラによりグローバルコールの品質を向上させます。

ユーザーのロケーションに合わせた接続先の自動選択により、各地域におけるトラフィックを最適化、国内外の通信品質を向上
様々な国・ネットワークからの参加、システムが混在する環境においても遅延を最低限に抑え、スムーズにコミュニケーションを開始
独自の負荷分散・冗長化のテクノロジーにより、高い可用性を実現


VidyoConnectは国内認定ビジネスパートナーを通じてご契約が可能です。詳しい内容については、弊社ウェブサイト(VidyoConnect: リンク)をご覧ください。

Vidyo(ヴィディオ)について - ウェブサイト:リンク
Vidyoは特定のハードウェアやネットワーク環境に依存することなく、高品質かつユーザフレンドリーな映像コミュニュケーション環境をソフトウェアベースのアーキテクチャで実現する次世代型リアルタイム・ビジュアルコラボレーションの世界的リーダーです。
インターネットにおいて最高性能を発揮する符号化技術であるH.264/SVCを世界で初めて商用化し、モバイル端末によるHDビデオ会議の実現、UHD(4K/5K)の高解像技術の実装による高精度コンテンツへの対応、端末へのインストールを不要としたWebRTC対応、米国防省の基準をクリアした高度なセキュリティ技術などを、常に世界に先駆けて提供してきました。
またこれらの技術を、様々な利用分野へ提供するためのオープンで柔軟なAPIを世界の先進テクノロジー企業へ提供しています。金融・医療・サービスプロバイダなど、世界4000社以上の企業において、顧客サービスの向上、働き方改革や業務効率化を含めたデジタルトランスフォーメーションを、高度なライブ映像技術により推進しています。
米ニュージャージー州に本社を置き、約170の特許技術を保有するテクノロジー企業で、北米・欧州・アジア各地ならびに東京に営業・サポート拠点をもちます。VidyoJapan株式会社はVidyo, Incの日本法人です。

本件に関するお問い合わせ先:
Vidyo Japan株式会社 担当:土屋Tel. (03) 4243-6088

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]