logo

広島県立熊野高等学校での金銭基礎教育プログラム「MoneyConnection(R)」の実施について

株式会社新生銀行(東京都中央区、代表取締役社長 工藤 英之、以下「新生銀行」)と認定特定非営利活動法人育て上げネット(東京都立川市、理事長 工藤 啓、以下「育て上げネット」)は、共同で展開する高校生などを対象とした金銭基礎教育プログラム「MoneyConnection(R)」(マネーコネクション(R))について、平成30年1月24日(水)に広島県立熊野高等学校(広島県安芸郡、校長 山田 哲也、以下「熊野高校」)にてプログラムを実施いたします。本プログラムの広島県での実施は今回が初めてです。

当日は、熊野高校の授業の一環として、1年生5クラス、合計167人の生徒を対象に、50分の予定で働くこととお金について考えることをねらいとする「稼ぐ」編のプログラムを提供いたします。

マネーコネクション(R)は、若年層のニート化予防を目指して、主に高校生を対象に働くこととお金、将来について考えるきっかけの提供を目的に、ワークショップ形式で実施する、日本で初めての金銭基礎教育プログラムです。平成18年に 新生銀行のグループ会社と育て上げネットが共同開発、平成24年度からは新生銀行の社会貢献活動の一環として 育て上げネットを支援し、これまでに全国のべ860校の高等学校で実施、約113,000人の生徒にプログラムを提供して います。(平成29年9月30日現在)また、近時は大学のキャリア支援教育の一環などとしての実施も増えています。

【マネーコネクション(R)プログラム実施概要】
実施校: 広島県立熊野高等学校 (リンク
住所: 広島県安芸郡熊野町川角五丁目9番1号
実施日: 平成30年1月24日(水)
実施時間: 5時限目 (13時30分~14時20分)
実施の対象: 1年生5クラス、合計167人

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]