logo

日本国内でも有数のロボットアプリ開発・導入実績をもつヘッドウォータース社へ資本参加

株式会社エボラブルアジア 2018年01月16日 16時01分
From PR TIMES



 One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コード:6191、以下当社)は、日本国内でも有数のロボットアプリ開発・導入実績をもつ株式会社ヘッドウォータース(本社:東京都新宿区、代表取締役:篠田庸介、以下 ヘッドウォータース社)へプライムロック2号投資事業有限責任組合(本社:東京都渋谷区、代表社員:杉原健太郎)を通じて資本参加をいたしました。

■ヘッドウォータース社とは
 株式会社ソフトバンクロボティクスが提供する人型ロボット「Pepper」を中心に独自開発のロボットアプリの提供を行っており、250件以上の開発実績とノウハウを有しています。2015年には、人工知能や機械学習機能と連携するクラウドロボティクスサービスを販売開始し、コミュニケーション型ロボットとAI機能を繋ぐことで、より賢く実用的なロボットアプリ開発を実現しておりました。2016年には、ロボットを1つのIoTデバイスと捉え、デバイス間データ双方向通信、Webサービスやデジタルツールへの拡張など、自在にチャネル選択できるAIプラットフォームとしての役割を実現いたしました。今後ヘッドウォータース社は、AIプラットフォームとしてのさらなる基盤を築き、企業のAIを活用した”業務効率化”、”コミュニケーションの自動応答化”、”単純作業の自働化”、“AI解析からの自動提案”、”ロボットインテリジェンス”の高速開発に取り組みます。
[画像: リンク ]


■株式取得の目的
 この資本参加は、投資事業の一環での取り組みであり、ヘッドウォータース社の今後の成長によるリターンを期待しております。
また、ヘッドウォータース社との事業シナジーとして、当社ITオフショア開発事業と連携し、当事業のサービスや品質の向上を図ってまいります。

■業績に与える影響
 今期の当社の業績へ与える影響は軽微と見込んでおり、平成29年11月14日に公表した業績予想から変更はございません。当社投資事業は、オンライン旅行事業及び訪日旅行事業、ITオフショア開発事業に続く収益基盤として期待しています。

【株式会社ヘッドウォータース】
本社 :東京都新宿区新宿2-16-6 新宿イーストスクエアビル7階
社名 :株式会社ヘッドウォータース
代表者:代表取締役 篠田 庸介
資本金:1億4,374万円
URL:リンク

【株式会社エボラブルアジア】
本社 :東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー19階
社名 :株式会社エボラブルアジア
代表者:代表取締役社長 吉村 英毅
資本金:1,033,579千円(払込資本2,222,092千円)
URL:リンク

【当社サービスサイト】
総合旅行プラットフォーム エアトリ    :リンク
エアトリ海外航空券              :リンク
エアトリ海外ホテル        :リンク
ビジネストラベルマネジメント(BTM)事業 :リンク
ITオフショア開発事業       :リンク
【当社IRサイト】     :リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]