logo

NVIDIAと販売代理店契約を締結

~AI/ディープラーニング市場における更なる付加価値を提供~



ソフトバンク コマース&サービス株式会社(以下「ソフトバンク C&S」)は、NVIDIA(本社:カリフォルニア州サンタクララ)と販売代理店契約を締結し、ディープラーニングに特化したサーバーNVIDIA(R) DGX-1™をはじめ、NVIDIA GRID™、NVIDIA(R) Quadro(R)、NVIDIA(R) Tesla(R) の取り扱いを2018年1月16日から開始します。
[画像: リンク ]

並列コンピューティング分野で業界をリードしているNVIDIAの演算装置(GPU:Graphics Processing Unit)は、AI/ディープラーニングといった分野でも活用され始めています。ソフトバンクC&Sは、NVIDIA製品の取り扱いにより、ビジネスにおけるAI/ディープラーニングの導入を促進します。

■ ソフトバンク コマース&サービスが提供開始するNVIDIA製品
1. NVIDIA DGX(リンク
NVIDIA DGX Systemsは、ディープラーニングや分析に特化した専用機です。革新的な GPU 最適化ソフトウェアと簡素化された管理が組み合わさった完全な統合ソリューションは、これまでにない性能と成果を生み出します。NVIDIA DGX Systems は、データサイエンティストが最も強力な AI 探索ツールを実現できるよう設計されており、机上の作業をデータセンターやクラウドへ拡張できます。

2. NVIDIA Tesla(リンク
NVIDIA Tesla GPU は、要求の厳しい HPC やデータセンターのワークロードを高速化できます。エネルギー探査からディープラーニングまで、幅広いアプリケーションで、従来の CPU よりもはるかに高速に数ペタバイトのデータを解析できるようになります。さらに、Tesla アクセラレーターは、従来にも増して大型のシミュレーションを高速で実行するために必要な強力なパワーを提供します。Tesla アクセラレーターは、あらゆる場所に存在するあらゆるユーザーの仮想デスクトップを高速化するために最適です。

3. NVIDIA GRID(リンク
NVIDIA GRIDは、NVIDIA GPU テクノロジーの機能を仮想デスクトップおよびアプリケーションに拡張し、デザイナーから、モバイルのスペシャリスト、オフィスで働く人々に至る全ての人が夢中になれる高品質のユーザーエクスペリエンスを提供するグラフィックス仮想化プラットフォームです。

4. NVIDIA Quadro(リンク
Quadro は、驚異的な工業デザインから高度な特殊効果、複雑な科学的視覚化までを取り扱う、世界随一のビジュアル コンピューティング プラットフォームです。Quadro は、ワークフローを加速することで何百万人ものクリエイティブ/テクニカル プロフェッショナルから信頼されており、今日の課題を明日のビジネスの成功に変えるために、ハードウエア、ソフトウエア、ツールの最も高度なエコシステムを搭載しています。

■ 製品の詳細
リンク
■ 製品に関するお問い合わせ
sbbmb-nvidia-md@g.softbank.co.jp

NVIDIA 日本代表 兼 米国本社副社長 大崎 真孝 様からのエンドースメント
「幅広い製品の販売実績を持つソフトバンク コマース&サービス株式会社を通じ、弊社製品をAI/ディープラーニング市場を中心とした日本の多くのお客様にお届けすることが可能となることで、日本の産業が活性化されると期待しています」

NVIDIAについて
NVIDIA が 1999 年に開発した GPU は、PC ゲーム市場の成長に拍車をかけ、現代のコンピューター グラフィックスを再定義し、並列コンピューティングを一変させました。最近では、GPU ディープラーニングが最新の AI、つまりコンピューティングの新時代の火付け役となり、世界を認知して理解できるコンピューター、ロボット、自動運転車の脳の役割を GPU が果たすまでになりました。今日、NVIDIA は「AI コンピューティング カンパニー」として知名度を上げています。詳しい情報は、リンク をご覧ください。

・ SoftBank およびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
・ その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。
・ プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]