logo

映像圧縮システム・VMS・IoT技術を活用した映像事業の取組み強化

サクサホールディングス株式会社 2018年01月16日 16時01分
From PR TIMES

~映像圧縮ゲートウェイ「VC1000」発売開始~

サクサグループは、映像事業として、ネットワークカメラやNVR(ネットワークビデオレコーダ)など監視カメラシステムを中心に映像ソリューションを提供しております。
また、中期経営計画で、映像圧縮システムや画像認識、解析等の技術を活かした付加価値の高いアプリケーションサービスを提供することで映像事業拡大を掲げております。
サクサグループの事業中核会社であるサクサ株式会社(代表取締役社長 磯野文久)は、映像事業分野での新規創生を目指しており、第一弾として、圧縮した高画質映像をリアルタイムに配信できる映像圧縮ゲートウェイを開発、製品化し、「VC1000」として平成30年3月1日から発売いたします。
また、昨年10月、サクサグループの株式会社システム・ケイ(代表取締役社長 鳴海鼓大)は、主に既存市場向けに映像処理の集中を軽減する独自の分散処理を実装し、拡張性と耐障害性の高いVMS(注1)(映像管理システム)「SKVMS」の提供を開始いたしました。
サクサグループは、今後も幅広く様々な映像ソリューションを提供し続けてまいります。



近年、ネットワークの高速・大容量化やクラウドを用いたデータストレージの大容量化が進展したことで、ビッグデータやAIを活用した人物の行動分析や機械の故障予測など、IoTをキーワードとした解析ソリューションの市場拡大が様々な分野で期待されております。特に映像ソリューションの市場は、従来の防犯用途において映像を単に録画するだけでなく、遠隔による人物や設備などの状況・状態把握から、映像解析による業務の見える化・効率化およびマーケティング支援など、多岐に渡る業務ソリューションの需要が高まっております。
しかしながら、伝送・蓄積する映像データの大容量化に伴い、ストレージ容量の増大やシステムへの負荷増加のため維持管理・追加投資が必要となり、運用コストが増加する問題が起きております。
その問題を解決する手段のひとつとして、映像圧縮技術の活用がありますが、これまでの映像圧縮技術では、映像圧縮処理により遅延が発生するため、リアルタイムに高解像度の映像を解析するような業務に展開するには大きな課題となっております。


今回販売する「VC1000」は、独自の圧縮処理技術により最大8台のネットワークカメラの映像(H.264(注2))を符号化形式、解像度(フルHD、HD、VGA)、フレームレート(5~30FPS)を変更することなく、人が見て画質の劣化のない高品質な映像を遅延なく、リアルタイムで最大約10分の1に圧縮することができます。
これにより、高解像度の映像を必要としている場合や低速なネットワーク環境下のため解像度を落さなけ
ればならない場合などに、カメラやネットワーク等に新たな追加投資することなく、また圧縮した映像はそのままH.264で閲覧可能であり、既存の仕様のままで高い付加価値を実現できます。
[画像1: リンク ]


利用シーンとして複数拠点を監視する事業所・オフィス、長期映像保管やリアルタイムな解析を必要とする工場(フードディフェンス、品質管理等)、およびレガシーネットワークを使用してる交通機関、その他マーケティング支援需要のある各種店舗等に対し、簡単に構築できる映像圧縮システムとして提供してまいります。


今後、映像事業拡大に向けた取組みを継続強化するために、サクサグループは、VMSを映像システムのプラットホームとして提供し、映像圧縮および顔認識や車両ナンバー認識等のアプリケーション連携により映像解析による業務用映像ソリューション展開を行います。さらには、映像・IoTソリューションとして、ネットワークカメラ映像の解析結果から「IoTゲートウェイ」と連動させ表示やアラームなどによる状態の可視化や、各種センサ情報を「IoTゲートウェイ」で受信し、VMSにより映像情報と関連付けし記録するなど、映像センシングとIoTを組合わせ、様々な業務向けに付加価値の高いサービスを提供してまいります。

■システム構成例
VC1000のシステム構成例
[画像2: リンク ]



VMSのシステム構成例
[画像3: リンク ]



【スマート工場EXPO2018の出展について】


今回の「映像ソリューション」および「IoTソリューション」の内容について、1月17日から19日まで東京ビッグサイトで開催される「スマート工場EXPO2018」(西ホール2階 小間番号:W16-60)に出展し、その一例をご紹介します。


[画像4: リンク ]


■主な仕様
[画像5: リンク ]


■販売計画
標準価格 ネットワークカメラ8台構成 1,314,400円(税抜)~
     VC1000:1台、ネットワークカメラ:8台、PoEHuB(注4):1台、NVR:1台   
発売開始 平成30年3月1日(木)
提供開始 平成30年4月2日(月)
販売目標 平成31年度末までに30億円(VMS、IoTソリューション含む)

■用語解説
(注1)VMS
VMSとはVideo Management Software/Systemの略称で、専用のソフトウェアをサーバなどにインストールし、監視カメラの映像の録画や再生などを管理する拡張性の高いシステム
 (注2) H.264
ITU-Tで企画化された映像符号化方式であり、DVDなどで使用されているMPEG-2の2倍以上の圧縮率があるといわれており、次世代光ディスク「HD-DVD、Blu-Ray Disc」などに採用され広く普及
(注3)RTSP
RTSPとはReal Time Streaming Protocol(リアルタイム・ストリーミング・プロトコル)の略称で、 IETF で標準化されたプロトコル。リアルタイム性のあるデータの配布 (ストリーミング) を制御するために使用
(注4)PoEHuB
イーサネットで使用されるLANケーブルを利用して、 接続するPoE対応機器(ネットワークカメラ、無線アクセスポイント等)に電力を供給できる技術

▼[プレスリリース]
リンク

<販売に関するお問い合わせ>
サクサ株式会社 新規事業推進部
担当:西尾(にしお)、斎藤(さいとう)  TEL:03-5791-5521

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]