logo

離席した際に、自分の荷物を見守ってくれるモニタリングアラーム「トレネ」 発売~クラウドファンディング開始後、3時間で目標金額を達成~



 株式会社キングジム(本社:東京都千代田区)は、離席の際に荷物を見守るデジタルツール、モニタリングアラーム「トレネ」を2018年2月23日(金)に発売します。
 本製品は、2017年10月11日(水)より行われたクラウドファンディングにおいて、目標金額の約10倍の資金を集めた話題の製品です。初年度販売目標数量は1万5千台です。
[画像1: リンク ]

 モニタリングアラーム「トレネ」は、一人で外出した際、カフェなどで荷物を置いたまま離席するときに、スマートフォンと連携して荷物の“見守り”をしてくれるデジタルツールです。
 スマートフォンと「トレネ」を専用アプリで連携させ、荷物の上に「トレネ」を置きます。スマートフォンを持ったまま「トレネ」から離れると自動的に警戒状態になり、荷物を動かそうとして「トレネ」に振動が加わると、警告のアラームが鳴ります。スマートフォンを持って「トレネ」に近づくと自動的に警戒状態が解除され、この時に「トレネ」に振動が加わっても、アラームが鳴ることはありません。

 キングジムは、モニタリングアラーム「トレネ」投入により、新たな市場の獲得を目指してまいります。

■ 製品概要


製品名・品番:モニタリングアラーム「トレネ」TRN10
本体色:ブラック
価格:¥6,800 +消費税
発売日:2018年2月23日(金)


■ 専用アプリ概要

[画像2: リンク ]

アプリ名:「TRENE」
対応機種:iOS10以降、Android6.0以降
 ※対応端末の詳細については弊社HPをご確認ください。


■ 製品特長

[画像3: リンク ]

・荷物に振動が加わると、アラームでお知らせ
離席中に荷物が動かされ、「トレネ」本体に振動が加わると、異常を察知して、アラーム音とLEDの光で周りにお知らせをします。


・スマートフォンとの連携で、離席したかを自動で判断
お手持ちのスマートフォンと「トレネ」を、Bluetoothでペアリングし、荷物に「トレネ」を置くだけで準備は完了です。
スマートフォンを持って席を離れると、Bluetooth通信が切断され、「トレネ」が自動的に見守りを開始します。席を離れるたびに「トレネ」の電源を入れ直すなど、煩わしい操作は一切必要ありません。
席に戻ってくると「トレネ」とお手持ちのスマートフォンが再び通信をして、見守りは自動的に終了します。もしも席にいるときに「トレネ」に振動が加わっても、センサーは反応せず、アラームは鳴りません。

1.トレネの電源を入れ、見守りたい荷物の上に置きます。     
[画像4: リンク ]

2.席を離れます。        

[画像5: リンク ]

3.自動で見守りを開始します。

[画像6: リンク ]


■ 製品仕様

[表: リンク ]



■ 製品イメージ
[画像7: リンク ]


ご掲載していただく場合は、下記のお問い合せ先をお願いします。
株式会社キングジム お客様相談室
フリーダイヤル(全国共通)
0120-79-8107(ナットクのパートナー)
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]