logo

【APPLE TREE 株式会社】は最大造形サイズ H1200mmの大型 3Dプリンター JUPITER(ジュピター)シリーズを発表!

APPLE TREE 株式会社 2018年01月08日 10時01分
From PR TIMES

FLASHFORGE(フラッシュフォージ)の日本総代理店であるAPPLE TREE 株式会社(大阪)は超大型3Dプリンティングに対応したJupiter(ジュピター)シリーズをリリースしました。

Jupiterシリーズは、最小積層ピッチ100ミクロンの高精度で造形できるFFF(熱溶融積層)方式の業務用大型3Dプリンターです。(大型出力に最適なスライスパラメーターはAPPLE TREE株式会社より提供致します。)

ジュピターシリーズには4つのタイプがあり、Jupiter-EのプリントサイズがW350×D350×H460mm、Jupiter-IがW500×D500×H500mm、Jupiter-CがW600×D600×H600mm、Jupiter-Gがシリーズ内最大サイズとしてJupiter-GがW800×D600×H1200mmとなっております。



[画像1: リンク ]

FLASHFORGE(フラッシュフォージ)の日本総代理店であるAPPLE TREE 株式会社/大阪は超大型3Dプリンティングに対応したJupiter(ジュピター)シリーズをリリースしました。
【Jupiter】ブランド公式ホームページリンク
【FLASHFORGE】ブランド公式ページリンク

↓画像はJupiter-I(型番AT-5050)です。
[画像2: リンク ]


Jupiterシリーズは、最小積層ピッチ100ミクロンの高精度で造形できるFFF(熱溶融積層)方式の業務用大型3Dプリンターです。(大型出力に最適なスライスパラメーターはAPPLE TREE株式会社より提供致します。)

ジュピターシリーズには4つのタイプがあり、
Jupiter-EのプリントサイズがW350×D350×H460mm、
Jupiter-IがW500×D500×H500mm、
Jupiter-CがW600×D600×H600mm、
Jupiter-Gがシリーズ内最大サイズとしてJupiter-GがW800×D600×H1200mmとなっております。

シリーズ最小タイプJupiter-Eの開封動画
[動画: リンク ]



4タイプともプリント可能サイズを最大限に拡大され、従来できなかった低コストの大型プロットタイプの制作ができるようになりました。

製品特徴:
高速な造形を可能とする大口径0.8mmノズルと繊細かつ高精度を実現できる小口径0.4mmノズルに対応できます。
造形中にフィラメント切れが生じても、フィラメントの継ぎ足しによる造形の再開が可能なフィラメント検出機能が付いております。

日本語タッチパネルよりパソコンがなくてもSDカードで


ジョブ実行が可能になります。

1500g巻きの大口径ボビンに対応しており、大型造形時のフィラメント補充の手手間が省けます。またJupiterシリーズ専用の径2mmフィラメントはABS配合技術により、従来のPLA樹脂の強度と耐熱温度が改善されました。

そのほかに停電回復機能と大型造形に欠かせないプラットフォームの取り外し機能も付いております。


見学できます。

APPLE TREE 株式会社は東京新橋と大阪日本橋に製品の展示ショールームを設けており、デスクトップ型の定番FLASHFORGEシリーズとJupiterシリーズを展示しております。

大阪ショールーム予約フォームリンク

東京ショールーム予約フォームリンク
[画像3: リンク ]


展示会情報:

APPLE TREE株会社は「3Dプリンティングショー(2018)」(2018年2月14~16日、東京ビッグサイト)のFLASHFORGE JAPANブース【番号6N-23】において、大型造形を可能とする3Dプリンタ「Jupiterシリーズ」を初披露させて頂きます。
[画像4: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]