logo

ウェアラブルIoTブランドhamon(R)を展開するミツフジが新しい企業理念 『生体情報で人間の未知を編みとく』を発表

ミツフジ株式会社 2018年01月05日 13時00分
From PR TIMES



ミツフジ株式会社(本社:京都府精華町、代表取締役社長:三寺 歩)は、2018年より 「生体情報で人間の未知を編みとく」(英訳:Weaving health data into greater human understanding)を新しい企業理念に掲げ、さらなる製品開発と事業拡大を加速することを発表いたします。発表に際して、コンセプトムービーを制作し発表いたしました。
(※動画はコーポレートサイトトップページよりご覧になれます。リンク

コンセプトムービーには、たくさんの「ココロモヨウ」(Heart Signature)が登場します。ココロモヨウとは、心電データを、花をモチーフに、エモーショナルなものとして可視化したものです。心電データのRRIやR波の数値、P波の数値、S波の数値に応じて、人それぞれの模様がカラフルに生成される仕組みを構築しました。当社は、生体情報を単なるデータと考えず、「人間ひとりひとりの個性」であり、今まで分からなかったその人の本当の状態を知る大きな可能性であると考え、「ココロモヨウ」(Heart Signature)を開発しました。
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]


当社は、「生体情報で人間の未知を編みとく」という新しい企業理念のもと、ヘルスケア分野、スポーツ分野を中心に、あらゆるライフシーンに知恵と予測をもたらし、人間の可能性を拡げ、社会課題の解決に寄与する事業を展開してまいります。
なお、コンセプトムービーで使用されている「ココロモヨウ生成システム」は、2018年1月9日から米国ラスベガスにて開催されます「CES2018」のミツフジ展示ブースにて実際に体験できます。

【CES2018 ミツフジ出展概要】
■正式名称:The International Consumer Electronics Show (International CES(R))
■開催期間:2018年1月9日~12日
■展示会場:サンズエキスポ(米国ネバダ州ラスベガス)2階
■展示ブース:#45637(Mitsufuji)
■Webサイト:リンク

※アンベイルド(プレスデー)について
以下の概要でアンベイルドにもブース出展いたします。
詳細につきましては、下記広報までお問い合わせください。
■日程:2018年1月7日5:00 PM – 8:30 PM
■場所:マンダレイベイ (Mandalay Bay Shorelines Exhibit Hall)
■ブースナンバー:#125

【会社概要】
社名:ミツフジ株式会社(京都府精華町)
業務内容:ウェアラブルIoT製品向け導電性繊維「AGposs(R)」「AGfit™」、及びウェアラブルIoT製品「hamon(R)」の開発、製造、販売
特徴:国内外大手企業の多くが採用するウェアラブル電極センサーを自社開発
沿革:
昭和31年 三寺冨士二が西陣帯工場として創業
昭和55年 導電性繊維の用途開発を始め、導電性ネット、テープなどを開発・販売
平成14年 銀メッキ繊維のブランド”AGposs(R)"を立ち上げ、商標登録。
平成20年 国際宇宙ステーションにおける宇宙飛行士の下着素材にAGposs(R)が採用。
平成27年 第1回ウェアラブルEXPOに出展。
平成28年 着衣型センサーを使ったIoTウェアラブルデバイスの自社ブランド「hamon@」を発表
平成29年 世界最大の家電見本市「CES2017」にhamon(R)を出展
【コーポレートサイト】:リンク
【hamon(R)公式サイト】 リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]