logo

独立検討者は“役職についている人”が7割 エージェントを利用しているフリーランスに勝機!? ITエンジニアの仕事に関する実態調査

株式会社PEーBANK 2017年12月27日 11時01分
From PR TIMES

独立検討者は“役職についている人”が7割
エージェントを利用しているフリーランスに勝機!?
ITエンジニアの仕事に関する実態調査




 ITエンジニアの新しい働き方を提案する株式会社PE-BANK(東京都港区/代表取締役・櫻井 多佳子/以下、PE-BANK)は、この度、エンジニアとして働く全国の20代~60代を中心に、自身の仕事と働き方に関するインターネット調査を実施いたしました。以下、その調査結果をご紹介いたします。

<TOPICS>
1.「正社員」「フリーランス」の主流はシステムエンジニア、「派遣・契約社員」は職種が分散
2. エージェント利用中の「フリーランス」は「会社員」より100万円以上平均年収が高い
3. 独立検討者の7割が「役職についている人」
4. 「フリーランス」が最も満足しているのは「プライベートの充実」
5. エージェント活用経験者は1割以下!?

<考察>
 「正社員」「派遣・契約社員」「フリーランス」全ての雇用形態のエンジニアにおいて、最も多かった職種はシステムエンジニアだった。人数の割合として、正社員とフリーランスはシステムエンジニアが主流であり、その他の職種と大きな差をつけたが、派遣・契約社員は職種が分散している傾向が見られた。
会社員とフリーランスの平均個人年収を比べると約1.5倍の差が開いたが、エージェント利用中のエンジニアは正社員の平均を100万円以上上回っており、十分な収入が得られていることが明らかになった。
 独立を検討しているエンジニアに現在のポジションを聞くと、約7割が課長や部長など何らかの役職についている人であった。技術者と管理職の両方の経験を積んで自信を持った人が新しいキャリアとして検討していることや、役職について現場から距離ができてしまうことに違和感を覚えるエンジニアが多くなっていることが考えられる。
 フリーランスの道を選んだエンジニアは、プライベートの時間の確保や自身のスケジュール管理など、時間の使い方に対して高い満足度を得ており、自分らしく働けている様子が垣間見えた。エージェントの活用経験があると回答したエンジニアは1割以下に留まっている。この結果からエージェント会社は、充実したサービスの提供はもちろん、認知の拡大も課題と言える。

<調査概要>
調査方法 : インターネットによるアンケート調査
調査対象 : エンジニアとして活躍する全国の20代~60代
有効回答数 : 885人
※設問毎の有効回答数については、各設問ページのN数を参照ください。
調査実施日 : 2017年9月22日(金)~2017年9月29日(金)
調査主体 : 株式会社PE-BANK調べ

■「正社員」「フリーランス」の主流はシステムエンジニア、「派遣・契約社員」は職種が分散
現在の職種を聞いたところ、「正社員」派遣・契約社員」「フリーランス」全てにおいて、一番多かったのが「システムエンジニア」という結果になった。正社員とフリーランスは、「システムエンジニア」が主流であり、その他の職種と人数に大きく差が開いた。一方で派遣・契約社員は、2番目以降、職種による人数の大差がなく、分散している傾向が見られた。

Q.現在の職種をお知らせください(N=885)
[画像1: リンク ]


■エージェント利用中の「フリーランス」は「会社員」より100万円以上平均年収が高い
会社員として働くエンジニアの平均年収は635万円。フリーランスのエンジニアは平均398万円であり、両者の個人年収には約1.5倍の開きがあることが明らかになった。
フリーランスの多くは短期案件や週2~3日の案件などを受託している不安定な働き方をしているエンジニアが多いためと考えられる。
しかし、エージェントを利用しているフリーランスエンジニアの年収は746万円と、利用していないフリーランスの約2倍、会社員の平均も大きく超える結果になっている。最も平均の個人年収が高い、役職者を多く含む独立を検討している会社員(平均790万)とも僅差であり、フリーランスでも十分な収入を得られていることが読み取れる。

Q.個人年収をお知らせください (N=885)
[画像2: リンク ]


■独立検討者の7割が「役職についている人」
独立を検討していると回答した会社員に、現在就いている役職を聞いたところ、課長や部長など何らかの肩書きがある人が7割という結果になった。独立希望者の中でも、課長・部長などの管理職層が最も多く、全体の4割を占めている。
また、独立希望者の1割が取締役や役員など経営に携わっている上層部ということが明らかになった。

Q.現在の役職をお知らせください (n=49)
[画像3: リンク ]



■「フリーランス」が最も満足しているのは「プライベートの充実」
フリーランスエンジニアに対し、項目に対する満足度を聞いたところ、最も満足度が高かった事項は「プライベートの時間の確保(47.8%)」であった。その他、「自身のスケジュール管理(38.4%)」「プライベートアクティビティの充実(30.4%)」とプライベートに関する項目が多く上位にランクインしている。また、「プロジェクト管理能力」と仕事に関する時間の使い方もランクインしており、
フリーランスという働き方を選ぶことで仕事と私生活の両方を充実させられていることがわかった。

Q.フリーランスとして以下のそれぞれの項目におけるあなたの満足度をお知らせください (n=158)
[画像4: リンク ]



■エージェント活用経験者は1割以下!?
案件紹介など支援を行うエージェント会社を利用・認知しているか聞いたところ、半数を超える51.9%が「認知していない」と回答した。また、「認知はしているが利用経験はない」が41.7%にのぼり、存在は知っていても利用に至らないケースが約4割を占めた。
実際に利用しているのはわずか2.3%、過去に利用したことがあると回答した人が4.3%とエージェント会社の支援を受けた経験があるエンジニアはわずか6%に留まった。

Q.支援を行うエージェントを利用・認知していますか?(N=885)
[画像5: リンク ]



【株式会社PE-BANK 会社概要】

[画像6: リンク ]


会社名  :株式会社PE-BANK
代表者  :代表取締役社長 櫻井 多佳子
本社所在地:東京都港区高輪2丁目15番8号 グレイスビル泉岳寺前
設立年月日:1989年5月1日(協同組合として)
資本金  :3億1,295万円
URL   :リンク(コーポレートサイト)
事業内容 :フリーランスITエンジニアのブランド化プラットフォーム事業

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]