logo

文豪ストレイドッグス×文京区 コラボ情報第2弾!! スタンプラリー参加方法やコラボグッズの内容を公開!!

森鷗外記念館とふるさと歴史館では文豪の解説パネルも登場!!



中島敦や太宰治、森鷗外などの実在の文豪たちをモデルにしたキャラクターが、異能を用いて戦うバトルアクション作品『文豪ストレイドッグス』。

森鷗外や夏目漱石、樋口一葉、泉鏡花など多くの文豪が過ごした文豪の街・文京区。12月20日から開催する『文豪ストレイドッグス』と文京区のコラボレーション企画は既に発表しておりましたが、モバイルスタンプラリーの概要や展示、コラボグッズなどの追加情報をお知らせいたします。

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]


■モバイルスタンプラリー
モバイルスタンプラリーに参加するには、「App Store」や「Google Play」より、アプリ「旅道-TABIDO-」をダウンロードしていただく必要がございます。アプリ「旅道-TABIDO-」は、凸版印刷株式会社が提供する無料のスマートフォン向け多言語(日・英・中・韓)観光アプリケーションです。

<参加方法>
1.アプリ「旅道」のダウンロードしてください。

2.イベントページから「文豪ストレイドッグス×文京区 文豪の街・文京区スタンプラリー」をタップ。

3.各スタンプポイント(6カ所)の画面から目的地までGoogleマップで移動。

4.目的地に到着したら、スタンプラリー画面に戻してスタンプGETボタンをタップ。

<景品引換方法>
全てのスタンプを集めると景品引換画面が表示されるので、森鷗外記念館内の景品交換所にて提示ください。
スタッフよりオリジナルポストカードを進呈いたします。さらに森鷗外記念館の観覧券(有料)の半券を提示いただくと、描き下ろしクリアファイルをプレゼントいたします。
※景品交換は、おひとり様1回限りとさせていただきます。
※景品は十分な数をご用意しておりますが、なくなり次第終了となります。
※ 2018年1月19日の森鷗外記念館無料公開日は描き下ろしクリアファイルの引換は行いません 。

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]



■展示企画
モバイルスタンプラリーのポイントでもある文京区立森鷗外記念館と文京ふるさと歴史館では、期間中に『文豪ストレイドッグス』とのコラボ展示を行います。

<文京区立森鷗外記念館>
・モリキネカフェをテーマにした春河35による描き下ろしイラストの展示。
・森鷗外や織田作之助が活躍する、小説版「太宰治と黒の時代」のストーリーパネルの展示。
・森鷗外、尾崎紅葉、夏目漱石、江戸川乱歩、織田作之助の解説ボードの展示。

<文京ふるさと歴史館>
・谷崎潤一郎、宮沢賢治、樋口一葉、坂口安吾、泉鏡花の特大イラストパネルの展示。
・上記の5名と文京区との関わりについて、解説パネルの展示。


■オリジナルグッズの販売
今回のコラボレーションを記念して、文京区立森鷗外記念館のミュージアムショップでは2017年12月20日から2018年1月31日までの期間中、下記のオリジナグッズを販売いたします。


・オリジナルクリアファイル  ※1人3枚までご購入いただけます。
・描き下ろしイラスト缶バッジ3種   ※1人各2個までご購入いただけます。
・描き下ろしイラスト文庫本用ブックカバー  ※1人1枚までご購入いただけます。

[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]

[画像9: リンク ]



【概要】
文豪ストレイドッグス×文京区 ~文豪の街・文京区スタンプラリー&イラスト展示~
期間:2017年12月20日(水)~2018年1月31日(水)
場所:文京区立森鷗外記念館(東京都文京区千駄木1丁目23−4)など

モバイルスタンプラリー ラリーポイント:
1.文京ふるさと歴史館(「文豪ストレイドッグス」のイラスト展示も実施)
2.旧伊勢屋質店(樋口一葉ゆかりの地)
3.湯島天満宮(泉鏡花ゆかりの地)
4.夏目漱石旧居跡(夏目漱石ゆかりの地)
5.根津神社(森鷗外ゆかりの地)
6.文京区立森鷗外記念館(「文豪ストレイドッグス」のイラスト展示も実施)

景品:スタンプラリーを全て取得→先着でオリジナルポストカード
  上記に加えて森鷗外記念館の観覧券(有料)の半券を提示→先着で描き下ろしクリアファイル


【文豪ストレイドッグスとは?】
現代横浜を舞台に、中島敦、太宰治、芥川龍之介、中原中也といった実在の文豪がモデルのキャラクターたちが異能力を用いて活躍する、アクションバトル漫画です。触れた異能力を無効化する太宰治の「人間失格」や、手帖に書き込んだものを具現化できる国木田独歩の「独歩吟客」など、モデルになった文豪の作品にちなんだ異能を用いて戦いが繰り広げられます。漫画雑誌「ヤングエース」(毎月4日発売)にて連載しており、シリーズ累計500万部を突破。2016年4月・10月とTVアニメが2クール放送され、オリジナルストーリーの小説版やスピンオフ作品、舞台化、劇場版など様々なメディアミックスが展開しています。


[画像10: リンク ]


【公式サイト】
・『文豪ストレイドッグス』コミックス公式サイト
リンク

・映画『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE』公式サイト
リンク

・文京区ホームページ(「文豪ストレイドッグス」イベント情報ページ)
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]