logo

滋賀県立大学が「近江楽座」 X'mas イベントin 県営開出今団地を開催

滋賀県立大学 2017年12月15日 14時05分
From Digital PR Platform




滋賀県立大学の“スチューデントファーム「近江楽座」まち・むら・くらしふれあい工舎”は、地域貢献を目的とする「学生主体のプロジェクト」を全学的に支援する教育プログラムである。その中のひとつ、「県営開出今団地コミュニティ再生プロジェクト」では、滋賀県と協定を締結し、県営住宅の空き住戸を活用して地域コミュニティの活性化を図る取り組みを進めており、団地住民の方々にプロジェクトのことをよく知っていただくため、初めての催し、X’mas イベントを実施する。




 滋賀県立大学''スチューデントファーム「近江楽座」まち・むら・くらしふれあい工舎''は、地域貢献を目的とする学生主体のプロジェクトを全学的に支援する教育プログラムである。
 今年度実施中のプロジェクトのひとつ「県営開出今団地コミュニティ再生プロジェクト」では、滋賀県と協定を締結し、県営住宅の空き住戸を活用して地域コミュニティの活性化を図る取り組みを進めている。
 このたび、下記のとおり団地住民の方々にプロジェクトのことをよく知っていただこうと、初めての催し、X'mas イベントを実施する。



                     記

1.X'mas イベントについて
 日時:平成29 年12 月17 日(日)13:00~18:30
 場所:県営開出今団地(彦根市開出今町1800)

 内容:(1)手作りキャンドル教室(13:00~16:00 B 棟-231 号「楽座ルーム」)
    (2)ハンドベル演奏会 (17:30~18:30 団地自治会館)
 対象:(1)は6 才以上(親子での参加可) (2)はどなたでも参加可
 主催:近江楽座 学生プロジェクト「あかりんちゅ」&「近江楽座学生委員会」

2.県営開出今団地コミュニティ再生プロジェクトについて
 県営住宅の空き住戸を活用して、団地コミュニティの活性化を図りたいという滋賀県からの申出に対して、滋賀県立大学では平成28 年度より「近江楽座学生委員会」(近江楽座のチーム間の交流・連携を高める横断的な活動を行っている)が中心になって、学生が実際に暮らしながら地域と関わる「シェアハウス」(現在2 戸、5 名が居住)と学生の地域活動の拠点をつくる「楽座ルームづくり」の取り組みを進めている。




▼本件に関する問い合わせ先
滋賀県立大学 地域共生センター

住所:滋賀県彦根市八坂町2500
TEL:0749-28-8613
FAX:0749-28-8473


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]