logo

海南島が2017年に過去最高のインバウンド訪問100万人を受け入れ

Hainan Tourism Development Commission 2017年12月15日 11時32分
From 共同通信PRワイヤー

海南島が2017年に過去最高のインバウンド訪問100万人を受け入れ

AsiaNet 71561 (2058)

【海口(中国)2017年12月14日新華社=共同通信JBN】UT725便(モスクワ-三亜)がSanya Phoenix International Airport(三亜鳳凰国際空港)に着陸した12月6日、Hainan International Tourism Island(海南国際観光島)が受け入れたインバウンド訪問(外国からの訪問)は100万人を超えた。

Hainan Tourism Development Commission(海南省旅遊発展委員会)によると、海南省は今年1-10月の間に対前年比12.4%増の5344万8000人の訪問を受け入れた。総観光収入は対前年比25.4%増の637億6000万人民元に達した。インバウンド訪問は対前年比57.1%増の88万7700人だった。観光による外貨収入は対前年比128.8%増の5億5162万6000米ドルだった。2017年12月までに海南のインバウンド訪問は100万人を超えており「2020年までに100万人のインバウンド訪問達成」の目標に3年早く到達した。

中国共産党海南省委員会と海南省人民政府は、海南の観光を国際化すること、海南の観光市場の国際化を推進すること、Implementation Plan on Hainan Province Internationalizing Tourism and Developing Inbound Tourism(海南省観光国際化・インバウンド観光発展に関する実行計画)を発表すること、そして、インバウンド観光市場の開拓に向けて省内の観光企業の熱意と自信を刺激するため、インバウンド観光市場の拡大への支援策および民間航空旅客サービスへの金融助成金政策を実行することに重点を置いている。海南はこれまでに、インバウンド訪問の持続可能な成長を確実にするため、56の海南への国際直行便を開設した。さらに、海南は海外への航空路線を積極的に拡大し「2020年までに100の海外への航空路線開設」の目標を掲げて航空ハブを構築する。そして、Hainan International Tourism Islandの観光事業をより国際化し、世界クラスのアイランド・レジャーリゾートの建設を加速するため「ビザなしの政策、航空路線、販売、サービス」のアップグレードによってインバウンド観光を発展させ、国際化する。

ソース:Hainan Tourism Development Commission

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]