logo

書店の販促にAR活用!出版取次大手、日本出版販売(日販)がARアプリ「COCOAR2」を採用

~12月上旬から大型書店を中心に取り扱い開始~

スターティアラボ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:北村健一)は、自社開発のARアプリ「COCOAR2」(ココアル)が、書店の販売促進を目的として、出版取次大手の日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林彰)が実施するコミック販促企画に採用されたことをお知らせいたします。尚、12月上旬より順次全国約450店舗の書店でARが仕込まれた無料冊子の取り扱いが開始されます。



[画像1: リンク ]

  ARアプリ「COCOAR2」の使い方は、「B+LIBRARY vol.3」配布店舗に設置されるパネルでも紹介。

■活用内容
 本取り組みは、対象書店に来店された方のみが体験・閲覧できる仕組みで、来店客数を増やし、購入を促すことを狙いとしてスマホを用いた当社のARアプリ「COCOAR2」が採用されました。仕組みは、書店へ来店した方が無料で持ち帰ることができるコミックガイドブック「B+LIBRARY vol.3」(制作・運営:日本出版販売株式会社 協力:株式会社サンディアス)の表紙に、ARアプリ「COCOAR2」を起動してかざすと、指定のコミックの一部を試し読みできるというものです。書店に来店してガイドブックを手に取らないと限定ARコンテンツを閲覧することができないという特別感で書店への来店を促します。

■ARアプリ「COCOAR2」について
 COCOAR2は、当社自社開発のスマホ向けAR(拡張現実)アプリで、アプリ経由で任意のマーカーを読み込むと、設定されている動画・音楽・URL・3Dといった様々なオリジナルコンテンツが表示可能で、主に集客・広告ツールとして活用されています。また、AR マーカーと GPS(全世界測位システム)機能を連携させたことで、位置情報でARコンテンツの閲覧領域を設定できるため、観光地や商業施設といった実地におけるイベントへの誘致など O2O 施策でも活用されております。現在、アプリダウンロード数は、「COCOAR」「COCOAR2」合わせて150万以上です。

■AR制作ソフト「COCOAR」とは
 企業向けのAR制作ソフトです。本サービスを導入した企業は、AR 制作を自社サービスとして顧客に提供することができます。紙媒体や商品パッケージに任意の画像をマーカーとして設定し、スマートフォンアプリである「COCOAR2」経由でマーカーをかざすと、画像、動画や3Dコンテンツを表示・閲覧することができます。大手飲料・お菓子メーカーにも販売促進ツールとして採用され、印刷会社やWEB 制作会社を中心に、1,339社(2017年6月末時点)に導入されております。
COCOARのページ▼ リンク
[画像2: リンク ]

■スターティアラボの取り組み
 スターティアラボは2009年4月創業、「世界標準のマーケティングエコシステム」をビジョンに、デジタルマーケティング事業を中心に展開しております。始まりはクリエイティブ企業へ提供する電子ブック制作ソフト「ActiBook」で、現在はAR制作ソフト「COCOAR」などのWeb アプリケーション、Web サイト「CMS Blue Monkey」の制作・管理とマーケティングに必要なコンテンツを総合して提供しております。

■関連URL
・日本出版販売株式会社 リンク
・株式会社サンディアス リンク
・ガイドブック 「B+LIBRARY」 リンク

■会社概要
会社名 :スターティアラボ株式会社
URL :リンク
所在地 :〒163-0919東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス19F
代表取締役 :北村 健一
主な事業内容 :Webサイトの企画・制作・コンサルティング・運営・保守
         Webアプリケーションの企画・開発・販売・保守

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]