logo

昭和大学医学・医療振興財団が今年度の昭和上條医療賞の受賞者を発表

昭和大学 2017年12月04日 08時05分
From Digital PR Platform




公益財団法人昭和大学医学・医療振興財団(東京都品川区・理事長 山元俊憲)は、このほど平成29年度の昭和上條医療賞受賞者を発表した。授賞式は12月18日、昭和大学50年記念館で執り行う。




 昭和大学医学・医療振興財団は、国民の健康増進と医学・医療の発展に貢献するために設立された公益財団法人である。その主要事業の一つとして、顕彰事業「昭和上條医療賞」を平成26年度に創設した。その主旨は、地域保健医療において創造的かつ先駆的諸活動を行い、大きな成果をあげた実践者またはグループを顕彰することである。昨今、助成事業が一般的とされるなか、顕彰事業に重点を置いた取り組みは同財団の特色といえる。今年度の受賞者は次のとおり。

[第4回「昭和上條医療賞」(平成29年度顕彰事業)受賞者]

○医療人育成部門
小児薬物療法研究会
(代表 石川洋一、国立成育医療研究センター 薬剤部長)
  「病院・保険薬局薬剤師による実践的小児薬物療法の推進」

○地域保健医療貢献部門
新宿食支援研究会
(代表 五島朋幸、ふれあい歯科ごとう 代表)
 「多職種による地域食支援の体制構築と実践」

土屋 淳郎(医療法人社団創成会土屋医院 院長)
 「地域包括ケアシステム構築に向けてICTを利用する多職種連携ネットワークの取り組み~医歯薬三師会・介護事業所・行政が協力した住民を支える仕組みつくり~」

▼本件に関する問い合わせ先
 公益財団法人昭和大学医学・医療振興財団
 TEL:03-3783-6731

▼本件リリース元
 学校法人 昭和大学
 総務部 総務課 出版・web係
 TEL:03-3784-8059 (直通)

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]