logo

イスラエルの体験型実践演習システムを活用したコースを加え「デロイト サイバーアカデミー(TM)」を拡充

デロイト トーマツ グループ 2017年11月28日 11時01分
From PR TIMES

大日本印刷と連携しサイバーセキュリティ人材の育成プログラムに新コースを追加

デロイト トーマツ リスクサービス株式会社は、大日本印刷株式会社と連携し、サイバーセキュリティ人材の育成プログラム「デロイト サイバーアカデミー(TM)」を拡充し、体験型実践演習システム「TAME Range」を活用したサイバーインシデントレスポンスコースを追加します。



デロイト トーマツ リスクサービス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:丸山 満彦、以下DTRS)は、大日本印刷株式会社(DNP)と連携し、2017年11月28日よりサイバーセキュリティ人材の育成プログラム「デロイト サイバーアカデミー™」を拡充し、体験型実践演習システム「TAME Range」を活用したサイバーインシデントレスポンスコースを追加します。

サイバーセキュリティ領域における体制づくりや人材の確保・育成は遅れている一方で、サイバー攻撃の巧妙化により、完全な予防が困難になっていることから、サイバーインシデント対応力の強化が多くの組織において喫緊の課題となっています。サイバーインシデント対応力を強化するためには、実践でのインシデント対応トレーニングを繰り返し行い、対応フローを身につける必要がありますが、適切なトレーニング機会を得ることも困難であるのが実情です。

DTRSでは、組織の状況に合わせて必要なサイバーセキュリティ人材モデルを策定し、オーダーメードのサイバーセキュリティ人材育成トレーニングを行う「デロイト サイバーアカデミー™」を提供しており、上記背景を踏まえてサイバーインシデントレスポンスコースを追加することとしました。

サイバーインシデントレスポンスコースは基礎編と応用編があり、演習用に構築されたシステム環境を活用して、サイバーインシデント対応を実践的に学ぶことが可能です。このコースでは、体験型実践演習システム「TAME Range」を活用し、3~4名毎のチーム制による受講を軸とし、最大5チームでの同時訓練が可能です。

体験型実践演習システム「TAME Range」は、本物のサイバー攻撃を再現した攻撃シナリオで繰り返しトレーニングすることができる体験型の訓練システムです。サイバーセキュリティ先進国のひとつであるイスラエルのIsrael Aerospace Industries※が開発し、日本国内ではDNPが提供しています。

※イスラエル・エアロスペース・インダストリー イスラエル政府100%出資の主力航空機メーカー

■「デロイト サイバーアカデミー™」に追加するコース

[表1: リンク ]


(*)日本ネットワークセキュリティ協会セキュリティ知識分野(SecBoK)人材スキルマップ2017年版(リンク)より抜粋


■DTRSとDNPの連携とその効果
DTRSはサイバーセキュリティに関するコンサルティング及び実際のサイバーインシデントレスポンスを通じて培った知見・経験に基づき、また個々のクライアント(受講組織)の特性・状況等も踏まえ、コースの教材及び演習シナリオを開発します。DNPは体験型実践演習システム「TAME Range」を提供します。

両社の連携により受講組織は自組織の特性・状況も踏まえた実践的サイバーインシデント演習が可能となり、サイバーインシデント対応力の強化を効果的に実現します。

■デロイト サイバー アカデミー™のコース概要

[表2: リンク ]


※サイバーセキュリティ基礎以外はハンズオンによるトレーニングがあります

商標に関する表示
「デロイト サイバーアカデミー™」はデロイト トーマツ リスクサービス株式会社が商標登録出願中です(商願2017- 101910)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]