logo

聖心女子大学グローバル共生研究所が、12月5日、12月8日に「ロヒンギャ難民」緊急連続シンポジウムを開催

聖心女子大学 2017年11月24日 14時05分
From Digital PR Platform




聖心女子大学(東京都渋谷区)グローバル共生研究所は12月5日(火)、12月8日(金)に「ロヒンギャ難民」緊急連続シンポジウムを開催する。本年8月25日のある「事件」を境にロヒンギャの人々のバングラデシュ流入が続いており、現在では60万人を超えている。本シンポジムはそうした錯綜した状況の背景や構造を見据えつつ、ロヒンギャの人々の現状と今後の見通しを、多角的な視点から検討する。
要・事前申込、入場無料。9月にオープンした同大4号館で開催。





 しばらく前からロヒンギャの人々のバングラデシュ流入が続いていたが、本年8月25日のある「事件」を境に大量流入が始まり、現在では60万人を超えた。以前からバングラデシュにいたロヒンギャの人たちを加えると100万人近くになるので、人道的支援が十分なのか不安が残る。一人当たりGDPが1,500ドル程のバングラデシュにとっては、これは重い負担。さらにこの流入によって、バングラデシュでは新たに身の危険を感じる人たちも生じている。
 本シンポジムはそうした錯綜した状況の背景や構造を見据えつつ、ロヒンギャの人々の現状と今後の見通しを、多角的な視点から検討する。

◆講座概要 ※要・事前申込・受講料無料 (どなたでもご参加いただけます。)


【第1回】ロヒンギャ問題の現状・背景を多角的に見直す
日時: 12月5日(火) 18:00受付開始  18:30~20:30
場所: 聖心女子大学 4号館(東京都渋谷区広尾4-2-24) 2階 4-2教室



プログラム: 
☆発表
 1)「ビルマ(ミャンマー)・仏教徒の視点からみたロヒンギャの人々」 渡邊彰悟(弁護士)
 2)「バングラデシュの現状~難民及びジュマの人々の現状と問題」 下澤嶽(静岡芸術文化大学教授)
 3)「現場の生活状況と赤十字による人道支援の状況」 斎藤之弥(日本赤十字社国際部参事)
 4)「ロヒンギャ問題を巡る地政学:ARSAを含めて」 日下部尚徳(東京外国語大学講師)
☆発表者を中心としたパネルディスカッション 
  モデレーター:藤崎文子(シャプラニール事務局次長)

 (敬称略)



【第2回】ロヒンギャの人々の今後の可能性を考える
日時: 12月8日(金) 18:00受付開始  18:30~20:30
場所: 聖心女子大学 4号館(東京都渋谷区広尾4-2-24) 2階 4-2教室



プログラム:
☆発表
 1)「ロヒンギャ危機における今後のビジョン」 ダーク・へベカー(UNHCR駐日事務所代表)(同時通訳予定)
 2)「バングラデシュでの定住の可能性と課題:ビハール難民の事例から」 大橋正明(聖心女子大学グローバル共生研究所) 
 3)「無国籍という問題」加藤丈太郎(早稲田大学大学院博士課程在籍)
 4)「ロヒンギャ問題をビルマ(ミャンマー)側から見ると~排他的ナショナリズムの構造と実態」 根本敬(上智大学総合グローバル学部教授)
☆発表者を中心としたパネルディスカッション 
  モデレーター:藤崎文子(シャプラニール事務局次長)
 (敬称略)

 

・聖心女子大学グローバル共生研究所: リンク
・聖心女子大学HP: リンク /
・4号館/聖心グローバルプラザ: リンク


▼講座に関する問い合わせ先
 聖心女子大学4号館/聖心グローバルプラザ  担当: 関
 TEL: 03-3407-5811
 E-Mail: jimu-kyosei@u-sacred-heart.ac.jp


▼リリースに関する問い合わせ先
 聖心女子大学企画部 担当: 水崎
 TEL: 03-3407-5249
 E-Mail: kikakubu@u-sacred-heart.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]