logo

発明・デザインのためのモーターモジュール「Keigan Motor」の一般発売を開始

株式会社Keigan 2017年11月16日 14時01分
From PR TIMES

ベンチャー企業、株式会社Keigan(所在地:京都府相楽郡、代表取締役:徳田貴司)は、『Keigan Motor』(参考価格1台38,584円(消費税込))の販売を弊社サイトにて開始しました。

Keigan Motor KM-1は、「ラピッドプロトタイピング」(迅速な試作品製作)に使用されることを目的として開発されました。
USB電源で駆動し、最大3kg・cm以上の力を出力するダイレクトドライブ(ギヤレス)ブラシレスサーボモーター 、モータードライバ、無線機能、各種センサーを搭載したモーターモジュール型製品です。
ロボットだけに留まらず、あらゆる研究開発の現場で、発明・デザイン・アイデア実現の強力なツールとなります。

Keigan Motor KM-1 及び、オプションであるロボットスターターキットやカメラアダプタ等の販売を弊社サイトにて販売中です。販売ページ:リンク

(本製品は2017年3月~5月にかけて実施した国内・海外のクラウドファンディングにて、550万円以上の資金調達に成功しています。)



[画像1: リンク ]



[画像2: リンク ]



[画像3: リンク ]



[画像4: リンク ]


■商品特徴
1. 素早く簡単・インテリジェントモーター
超低速から動作が可能な静音ブラシレスサーボモーターと、それを動かすための電子部品が全て搭載されています。 USBモバイルバッテリーからの給電に対応し、持ち運びにも適しています。無線(Bluetooth Low Energy)で通信するため、スマートフォンなどから、自由に動きをコントロールできます。モーター間の配線は不要ですので、空間的な制約にとらわれません。


[画像5: リンク ]



2. 手で動きを覚えさせて記憶、再生
Keigan Motor は、単体で動作の記憶と再生が可能です。 また、従来のモーターと異なり、手で動かしたときの角度や速度だけでなく、トルク(出力軸にかかっているモーメント)を利用して入力機器やハプティック(触覚伝達)デバイスとして使用することもできます(開発者向け)。
[画像6: リンク ]



3. ロボットを直感的に作る
専用アプリ「KeiganCore」を使用すると、アイコンをドラッグする直感的な操作により、複数の Keigan Motor に簡単なロボットの機能を割り当てて、リアルタイムに制御することが可能となります。
「KeiganCore」iOS版は公開済み(リンク)、Anrdoid版は年内公開予定となります。

[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]


開発者向け
無線(Bluetooth Low Energy)での通信の他、有線(USBシリアル通信・I2C)での通信も可能です。
速度や位置の制御だけでなく、トルクのセンシングとコントロールが可能です。
また、加速度・ジャイロセンサーを内蔵し、姿勢制御などロボット開発等に応用が可能です。
今後も各種環境に合わせたSDK(ソフトウェア開発キット)をリリースし、より使いやすくして参ります。
開発者向け情報はサイト リンク を参照下さい。

【製品情報】
販売ページ:リンク
弊社サイト:リンク
説明・開発サイト:リンク
販売価格 :34,800円(税別)
発売開始日:2017年11月14日


【会社概要】
会社名:株式会社Keigan
代表取締役:徳田貴司
所在地:〒619-0237 京都府相楽郡精華町光台1丁目7 けいはんなプラザ ラボ棟
お問合せ:info@keigan.co.jp
URL:リンク
設立:2016年9月
資本金:990万


製品紹介動画
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]