logo

フェリス女学院大学音楽学部の学生が新江ノ島水族館「ナイトワンダーアクアリウム2017~満天の星降る水族館~Part3」のBGM選曲に協力 -- アウトリーチ活動の一環として

フェリス女学院大学 2017年11月15日 14時05分
From Digital PR Platform




フェリス女学院大学(神奈川県横浜市/学長:秋岡 陽)音楽学部の学生らはこのたび、11月24日(金)~12月25日(月)まで新江ノ島水族館(神奈川県藤沢市/館長:堀 由紀子)で開催される「ナイトワンダーアクアリウム2017~満天の星降る水族館~Part3」のBGMの選曲に協力した。これは、同学部のアウトリーチ活動(学内外での発表活動)の一環としてとして行ったもの。イベント初日となる11月24日(金)には、同館のメイン水槽・相模湾大水槽前で、同大学生によるオープニングコンサートも実施。フルートや声楽でクリスマスの名曲を披露する。




【BGMの選曲に協力】
 このたびの「ナイトワンダーアクアリウム2017~満天の星降る水族館~Part3」のBGMの選曲は、音楽学部の学生たちが中心となり、アウトリーチ活動の一環として取り組んだもの。現地見学などを行いながら、イベントのテーマや展示エリアとの調和、曲の展開等に留意して、イベントが開催されるクリスマス期間にあわせた選曲を行った。
 学生の選曲したBGMは11月24日(金)~12月25日(月)までのイベント期間中、以下の時間帯・エリアで流れる。
・開館~17:00まで 湘南お祭り広場および全館
・17:00~閉館まで 「太平洋~クラゲサイエンス」エリア

【学生有志によるオープニングコンサート】
 またイベント初日には、音楽学部の学生有志によるオープニングコンサートを開催。フルートカルテットや声楽アンサンブルでクリスマスの名曲を披露する。
・日時 11月24日(金) 17:00 ~17:15(予定)
・場所 新江ノ島水族館内 相模湾大水槽前 ※入場料が必要となります。
・プログラム 「きよしこの夜」「クリスマス・イブ」「おめでとうクリスマス」ほか

■フェリス女学院大学 音楽学部
 ジャンルを超え幅広いテーマで音楽を学ぶ「音楽芸術学科」と、クラシック音楽を中心に学ぶ「演奏学科」の2学科からなる。どちらの学科でも、音楽を通じて社会で幅広く活躍することを目標に学ぶことができる。さらに、総合大学である利点を生かし、充実した語学学習や教養科目、文学部・国際交流学部の講義でも学びながら視野を広げることができるのも特徴の一つ。卒業生は音楽の世界はもちろん、一般企業・NPO/NGO・教育をはじめとするさまざまな分野で活躍している。
 リンク

■新江ノ島水族館
 海洋生物の宝庫である「相模湾と太平洋」と「生物」を基本テーマに、遊びながら学ぶことができるエデュテインメント型の水族館。
 リンク


▼本件に関する問い合わせ先
企画・広報課
植村・粟原・松本
住所:〒245-8650 横浜市泉区緑園4-5-3
TEL:045-812-9624
FAX:045-812-8395
メール:kikaku@ferris.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]